Entries

【鬼室神社08】鬼室集斯小伝_2

鬼室神社の改名由来をお聞きした滋賀県蒲生郡の日野観光協会から送っていただいた小冊子から

 新日野新聞社創刊四〇執念記念誌
 日韓友好親善のための
 鬼室集斯小伝  瀬川欣一著 


鬼室集斯について
鬼室集斯へは、学問関係の最高職である学職頭という役職が授けられました。現代でいえば、国で一校しかない国立大学の総長、というところでしょうか。『日本書紀』に「薬にくわしい」と添書がありますが、学職頭に任命されるのですから、薬学に詳しいだけではなく、あらゆる学問や文化に通じていた博学者であったことがうかがえます。…『海風藻』…学職頭である以上は、これらの漢詩の指導や選などにも、鬼室集斯が関わっていたと考えられます。…
こうして鬼室集斯その人は、天智天皇の側近である重要な国の要人として、大津の都での日々を送っていたと考えられます。
<(P24)


鬼室集斯(@wikipedia)は『日本書記』の3カ所に書かれているのが全てで他の史書には出てきません。

その3カ所は以下です。
現代語訳は井上光貞「日本書紀」中央公論社から引用しました。
〈 〉は原注、( )は井上氏注。


① 天智四年(六六五)二月・是月
百済国の官位の等級のことを検討し、佐平福信(鬼室福信)の戦功の故をもって、鬼室集斯(福信の子か※1)に小錦下※2を授けた〈もとの位は達率※3である〉。また、百済の百姓男女四百人を、近江国の神崎郡に住まわせた。


② 天智八年(六六九)是歳・是歳
また、佐平※4余自信・佐平鬼室集斯ら男女七百余人を近江国の蒲生郡に移住させた。


③ 天智一〇年(六七一)正月・是月
この月に、大錦下を、佐平余自信・沙宅紹明〈法官大輔(のちの式部大輔に相当)である〉に授けた。小錦下※2鬼室集斯〈学職頭(のちの大学頭に相当)である〉に授けた。大山下※5を達率谷那晋首〈兵術にくわしい〉・木素貴子〈兵術にくわしい〉・憶禮福留〈兵術にくわしい〉・答[火+本]春初〈兵術にくわしい〉・[火+本]日比子賛波羅金羅金須〈薬にくわしい〉・鬼室集信〈薬にくわしい〉に授けた。小山上を德頂上〈薬にくわしい〉・吉大尚〈薬にくわしい〉・許率母〈五経に明るい〉・角福牟〈陰陽にくわしい〉に授けた。小山下を、その他の達率ら五十余人に授けた。

※1 井上氏の注であって原文にはありません。福信の子であればそのように書くはずで
   書いてないのだから鬼室氏一族ではあっても親子ではないと思います。

※2 小錦下は官位26階中12位ですから高位ではありません。(@wikipedia
   大和朝廷は鬼室集斯に高位を与えず665年には神崎郡へ、
   669年には蒲生郡へ移住させています。

※3 達率は百済の官位(@wikipedia)で二品官に当ります。

※4 佐平も百済の官位(@wikipedia)で一品官に当ります。
   天智四年で「達率」とあるのと矛盾すします。

※5 大山下は冠位26階の15位です。(@wikipedia
   鬼室集斯は12位の小錦下と兼任しているということでしょうか。


さて、新日野新聞社『鬼室集斯小伝』が国で一校しかない国立大学の総長と評する鬼室集斯ですが「薬にくわしい」からと小錦下より3つランクの下がる大山下を兼任し、朝廷からはなれた神崎郡や蒲生郡に集団で移住しています。

それなのに百済は文化が高いという思い込みから鬼室集斯が漢詩の指導をし、移住の記録があるのに天皇の側近として大津にいたと妄想するのです。

おかしな話です。


★コメント欄に95032049様より間違いを指摘していただきました。
 鬼室集斯〈学職頭)と鬼室集信(解薬)は別の人です。
 名前の違いに気がつかなかったわたしの個人的な間違いです。




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/68-48997a6d

トラックバック

コメント

[C3] 鬼室集斯と鬼室集信

鬼室集斯〈学職頭)と鬼室集信(解薬)は別の人です。鬼室集信は史料上にはご指摘の箇所にしか出てこないのでどういう人物なのか詳細は分からず、氏称が同じことから鬼室福信・集斯らと同族か、と推定される程度です。小錦下・大山下というのは官職ではなく当時の冠位なので、兼任するということはありません。『懐風藻』に大友皇子が招いた学者として沙宅紹明・木素貴子・答本春初・吉大尚・許率母の名前は出てきますが、鬼室集斯は出てきません。白村江の戦いの後日本に逃れてきた百済貴族・遺民達は当初難波に集められており、そこから沙宅紹明らを大友皇子が招いたものと思われます。沙宅紹明らについてはどこかに移住させたという史料はありませんが、鬼室集斯については『日本書紀』に神崎郡・蒲生郡に移住させたという記事がある以上、ご指摘の通り大津の朝廷の近傍にはいなかったと考えるのが妥当です。私は小冊子を見ていないのではっきりしたことは言えませんが、執筆者の瀬川氏が『日本書紀』の各条や『懐風藻』の記述を混同・誤解しているのだと思います。
  • 2011-08-31 20:10
  • 95032049
  • URL
  • 編集

[C4] RE:鬼室集斯と鬼室集信

# 95032049様
コメントありがとうございます。
瀬川氏の間違いではなく私の間違いです。
指摘されるまで名前が違うことに気がつきませんでした。

>鬼室集斯〈学職頭)と鬼室集信(解薬)は別の人です。
>冠位なので、兼任するということはありません。

ブログは後日、チョコチョコ修正しているのですが
ここは指摘していただいた箇所なので赤字をいれました。

指摘、励みになります。
本当にありがとうございました。
  • 2011-08-31 21:19
  • ざる
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR