Entries

釜山の倭館 2

2005年、釜山博物館にあった日本語パネル。
今もあるかどうかはわからないけれどリライトしてみた。(改行変更)

P1010836a.jpg

朝鮮時代の韓日関係
朝鮮時代の韓・日間系は、1404年の両国間の国交樹立以降から始まりました。しかし、高麗末以降も横行する倭寇が無くなることは有りませんでした。
倭寇の度重なる略奪行為を防ぐために、彼らが生活必需品を自由に購入できるように3つの港(釜山・鎮海・蔚山)に倭館(三浦倭館)を設置しました。
和漢には日本使節と商人が出入りして外交と貿易活動を行い、船倉・宿舎・倉庫などの各種の施設が整備されました。
しかし、1510年の三浦倭乱を契機として両国の関係は悪化し、ついに1592年に壬辰倭乱(文禄・慶長の役)が勃発することになりました。
戦争終結後に両国は再び和解し、朝鮮後期には釜山にだけ倭館が設置されて対日外交と貿易が行われました。
朝鮮後期の釜山は、日本に向けて開かれた唯一の港として国際都市に成長していきました。




倭寇の度重なる略奪行為
 ↓
倭寇は現在の従軍慰安婦や徴用工と同じ


三浦倭乱
 ↓
倭人4名を、海賊と誤認した朝鮮役人が斬殺したことが発端
三浦の乱@Wikipedia


壬辰倭乱(文禄・慶長の役)
 ↓
韓国が「倭乱」と表現するのは勝手だけれど、日本にとっては「文禄・慶長の役」であり朝鮮半島は通路になっただけで、三浦の乱とは関係ない。



以前「釜山の倭館」にも書いたけれど、倭館は釜山の特等地にあった。
倭館を管理していたのは江戸幕府ではなく対馬藩だった。

鎖国していた日本はオランダや中国と長崎の出島で、朝鮮とは釜山でのみ交易していた。
ちなみに鎖国は国力がない国にできることではない。



.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/619-20612b57

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR