Entries

神代文字_2

アジアの大半がインド系文字を使っている。

チベット文字、チベット文字の影響で作られたモンゴル文字。
スリランカ、マレーシア、インドネシア、ミャンマー、タイなど。



漢字を使っているのは中国、朝鮮半島、日本、台湾、ベトナムだけだ。



前回見た「阿比留草文字」がインド系文字の特徴を持っているのはそういうことなのかもしれない。



インドには五十音図があって、それが日本の五十音図とほぼ同じだ。
神道はヒンズー教と同根だと思っているが、五十音図も同様だろう。


日本語の敬語が発達しているのも日本の文化が東南アジア系である証拠だろう。



といいながらも古代日本人がインド系文字を捨てた理由がわからない。



わからないといえば日本人の漢字使用開始時期についてもわからない。



後漢の光武帝が西暦57年奴国からの使者に金印を贈った。
書簡のやり取りもあっただろうし日本人が漢字を使えなかったわけがない。

日本で作られた銅鏡にもたくさんの漢字が使われている。



それなのに稗田阿礼は語部で、古事記日本書紀は漢字しか使わない。
日本書紀だけでなく続日本紀も日本後紀も漢文で書かれている。

漢字以外の文字について言及されることなくひらがな・カタカナが工夫される。



同時代の東大寺開眼供養ではインド僧に拘り梵字も使っていたのに解せない話だ。



乙巳の変で焼失した「天皇記」「国記」は何語で書かれていたのだろうか。



.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/581-454041da

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR