Entries

イスパノフォビア

スペイン帝国の衰退と日本🌎今につなげる世界史 ~時代を読み解く最強の教養~【歴史】【世界史】



2分10秒の動画。




以前、インディアスの破壊についての簡潔な報告(ラス・カサス著 岩波文庫) を紹介した。
 →インディアスの破壊についての簡潔な報告


このときもスペイン人が特に残虐だとは考えていなかった。
だから「ドイツ人たちはこれまで述べたどの無法者とも比較できないほど残酷に…(中略)…侵略した。(P122)」も紹介もした。

もちろんドイツ人も特別残虐な訳ではない。
タスマニアを絶滅させたのはイギリス人だし、コンゴで虐殺したのはベルギー人だ。




動画によると。
スペイン衰退はユダヤ人迫害で始まった。
各国に逃れたユダヤ人は、スペイン人がアメリカで行った残虐行為を糾弾し、スペイン人は自虐史観「イスパノフォビア」を持つようになった。




「イスパノフォビア」でググると「インディアスの破壊についての簡潔な報告」を本田勝一の「中国への旅」に見立てる方がいた。




うーん、これは・・・




南京大虐殺は捏造だらけだと思っているけれど「インディアスの破壊についての簡潔な報告」はどうだろう。
こちらも誇張があると思うほうがいいのだろう。

いまさら言うのもなんだが「インディアスの破壊についての簡潔な報告」の後半にある食人の記述は不自然だった。




まったく世の中は知らないことだらけだ。
知らないから何が正しくて何が間違っているのか分からない。




そうはいってもユダヤ人。
興味はあるけれど複雑過ぎて分からない。



2012年のイギリス旅行で訪れたヨークのクリフォーズ・タワーのタテ看を思い出した。
どういうことなんだろう。

0706_IMGP4802.jpg cIMGP4811s.jpg
IMGP4816s.jpg IMGP4816cut.jpg

反ユダヤ主義 > アルビジョア十字軍と異端審問の始まり @Wikipedia
1190年、ヨークでは、ユダヤ人高利貸しへの負債を帳消しにするためにバロン(貴族)たちが、ユダヤ人に搾取された財産を取り戻すとして、ユダヤ人を襲撃した。城の塔に閉じ込められたユダヤ人は集団自決した。何人かいた生存者も改宗を誓ったが殺害され、債務証書は焼却処分された。ユダヤ人犠牲者は150人となり、住民側は罰金を課せられただけにとどまった。



旅行記
英国&越南 08〔2012.07.06〕ヨーク/ヨークシャー博物館



スペインにも行ったことがある。
2002年、両親と一緒のパックツアーだった。

その時の添乗員さんの言葉
「イギリスの大英博物館とフランスのルーブル美術館は世界中から略奪したものを展示していますが、スペインのプラド美術館はスペイン人の作品を展示しています!」




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/576-9701f1cd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR