Entries

中国の小さな思い出

2007年、中国を旅したとき、寧波から天台山へローカルバスで行った。
乗り換えの奉化バスターミナルでうどんを食べた時の話。

注文してテーブルで待っているとペッタンペッタン音がする。
なんだろうと振り向くと、親父がうどんを伸ばす音だった。

両手を広げて麺を振って伸ばすとき、麺が地面に当たる音だ。
テーブルではなくコンクリートの地面にだ。
親父はその長靴でトイレにも行っただろう。

食べていいのか悩んだけれど、茹でて殺菌されたと信じていただいた。
美味しかったけれど、衝撃だった。

RIMG0009s.jpg
RIMG0006s.jpg
RIMG0010s.jpg


    ※ ※ ※ ※ ※


2003年、はじめて中国を旅した。
北京のCDショップで民族音楽を買った時の話。

表紙や題名から期待したとおりの二胡や琵琶の楽曲だったのだが。
中面の「中国民楽」のイメージが浮世絵だったことが衝撃だった。

その頃の私は中国の文物がたくさん日本に来たと思っていたので
浮世絵と同じものが中国にもあったのだろうかと悩んでしまった。
そんな自分が懐かしいw

CD_H1とCD
CD_中4面
「広東音楽 南奥之声 Chinese Folk Music-guangdong Music」




,
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/572-d5c87f59

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR