Entries

類似_1 ストーンヘンジを作った人々と東南アジア

イギリスにはアングロサクソン(ゲルマン人)の前にケルト人がいた。
ケルト人(インド・ヨーロッパ語族)の前にストーンヘンジを作った人々がいた。


ストーンヘンジを作った人々はどういう人々なのだろう。
フランスなど大陸側の類似の巨石群や古墳も同様だ。


一方、インドネシアやフィリピンや台湾にも巨石文化がある。
日本にも縄文時代に環状の列石や列柱があった。

時代も場所も違うのに雰囲気が似ているのが気になっていた。
英国&越南 11〔2012.07.09〕エーヴベリー


0709_IMGP5900.jpg 0709_IMGP5867.jpg
左:Silbury Hill 右:墳丘脇の看板(between 2400 and 2300 BC)



0709_IMGP5907.jpg 0709_IMGP5910.jpg
左:West Kennet Long Barrow 右:遺跡脇の看板(back about 5,500 years)

0709_IMGP5916.jpg 0709_IMGP5934.jpg
West Kennet Long Barrow内部



そんなことを思いながらWikipediaを眺めていたら


30000年前のチェコや35000年前のベルギーの人骨からハプログループC1a2 (Y染色体)が検出されており[2]、このタイプがヨーロッパで最古層としてオーリニャック文化を担ったと考えられる[3]。(オーリニャック文化@Wikipedia)

  ↓ ↓ ↓

日本固有のハプログループC-M8 (Y染色体)とは姉妹群に当たる。
(ハプログループC1a2 (Y染色体)@Wikipedia)

とのことで面白いなあと。
いや、こんなことを言いだしたらキリがないのだけれど。




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/567-094860c0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR