Entries

インドシナ06日目 プノン・ダ遺跡

地図を見てオケオからチャウドック行きのバスに乗れば一度乗り換えて国境地点に行けると思っていたのだが「そんなバスはない」という。
カンボジアに行くにはオケオ〜ロンスエン〜チャウドック〜国境とバスを乗り継ぐのだという。
困っているとバイタクが国境まで300(1500円)で行くという。

8時、キャリーバッグを運転手の前に置きオケオを出発。
・・・オケオの先もバス停があったし、途中の町にもバス停があったので、一部バイタクを使うなどすれば遠回りしなくても行けるんじゃないかと思っているが、地元の人が遠回りしているというのだからわからない話だ。
ともあれ昨日見損ねた運河も堪能しながら50キロ以上の道のりをノンストップで9時半にイミグレーション前に到着。

2018123020094702e.jpeg
20181230200816fd8.jpeg
201812302008290d5.jpeg
2018123020083070b.jpeg


歩いて国境を渡り、カンボジア側でビザ発行。お釣りをごまかされそうになる。

ネット情報ではイミグレを出るとバイタクが寄ってくるので近くの町まで2ドルで行き、そこからバスでタケオに向かうとあったので、そうするつもりがよくわからない。わからないけれどタケオのホテルまで10ドルだというので再び50キロ以上の道のりをバイクのお世話になる。
タケオのホテルに11時半到着。ホテルのフロントでSIMを買いたいと言ったら店まで連れて行ってくれた。7日間4ドル。

昼食後、散歩しているとプノン・ダ行きのボート発見。
プノン・ダとアンコール・ボレイの博物館を見る。(30ドル)

20181230202541714.jpeg
20181230200943782.jpeg
20181230200947fda.jpeg
プノン・ダ遺跡
20181230200947e61.jpeg
プノン・ダ遺跡隣のアスラム・マハー・ルセイという建造物
内部が2重で一回りできるのが戒壇巡りと似ていた


20181230200945020.jpeg
アンコール・ボレイの博物館外観
小さいけれど見応えのある、素晴らしい出土品が並んでいた
管理の方に城壁のことを聞いたのだが私の英語もスマホの翻訳機も力不足だった

2018123020092883c.jpeg
20181230200927b18.jpeg
20181230200939a99.jpeg
2018123020093430e.jpeg
20181230200929164.jpeg


20181230200947c1b.jpeg
タケオのマーケット


・・・・・

前回までベトナムではドルがどこでも使えた。今回は空港で多目にベトナムドンに両替していたこともありドルは1度も使わなかった。ホテルも食堂も全てベトナムドン表示のみだった。政府がドル使用を抑えている成果だ。

ところがカンボジアに入ったらドルだらけ。
プノンペンは違うかもしれないが、タケオはホテルもSIMもドル表示のみだった。もちろんドル表示でもカンボジアリエルが使えるけれどドルが基軸な感じだ。


国境を越えても自然風景は変わらないのだけれど、カンボジアは家々に屋敷神様が目立つ。タイにいるような気分になる。ベトナムに屋敷神様があったかどうか記憶にないのが悔しい。




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/559-fb77dc51

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR