Entries

インドシナ05日目 オケオ博物館

朝食を兼ねて散歩した。
ロンスエンもゆったりしたいい感じの町だ。

9時半にチェックアウトして近くのバス停から市内の乗り換え地点までミニバスでいき、停車中のオケオ行きバスに乗り換える。9時45分ロンスエン発、1時間半でオケオに到着。村々を結ぶ運河がずっと右サイドにあったので左の座席だったのが残念だった。
20181229000304a85.jpeg

書くとスムーズに移動しているようだが実際はモタモタあたふた落ち着かない。オケオでもバスを降りると声を掛けてきた人にホテルホテルと連呼して近くのホテルを教えてもらった。

博物館脇の小さな、清潔だけれどぬるま湯ポタポタシャワーで100k(500円)という宿。もっといい宿があるかもしれないけれど情報がないのでここにする。
昼食をとり博物館が開くまでホテルに戻ってひと休み。

1時半過ぎに行くと開いていた。
綺麗な分かりやすい展示で写真も可。特にパネルが綺麗で分かりやすい。ただしワンフロアの小さな博物館。
20181229000316c7d.jpeg
20181229000304753.jpeg


見学者はわたしだけなので遠慮なく職員に質問する。

ホーチミンの朱塗り仏像はチャンパのもの。
オケオでは同じ時期に同じ地域で仏教とヒンズー教が信仰されていた。(ロンスエンの博物館職員の説明と違うけれどそれぞれの意見なのだろう)

20181229000308d05.jpeg
20181229000306411.jpeg
20181229000307fb2.jpeg
地下にレンガを四角に囲んで空間を作り宝石を納め、地上に建物を建てたとのこと。こういう鎮壇具の風はインド文化圏のものだろうか。

ほぼ1時間で見終わり発掘現場を見に行きたいというとバイタクを呼んでくれた。近くのシバ神殿跡と田圃の中の神殿跡を見る。(ビシュヌ神だった記憶だが自信がない)

20181229000311f77.jpeg
山裾のシバ神殿跡
20181229000312f83.jpeg
20181229000314ccc.jpeg
201812290003131b7.jpeg
田圃の中の神殿跡では遺跡の洗浄作業が行われていた
こちらの遺跡から見えるシバ神殿の山

バイクの運転手が山頂の寺に行かないかと誘うけれど吹っかけられているような気がして断った。
行けばよかったかな。

夕方だけれど空腹なので昼食が美味しかった食堂で今度は麺をいただこうと行くと嬉しそうに席を立ち何も聞かずに全く同じものを出してきた。ま、いいか。

夜食用にフランスパンサンドを買ってホテルへ。
tube見たりだらけた時間を過ごす。長い夕立があった。




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/558-6a9b90d2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR