Entries

人口調節

先日、通りすがりさんからのコメントに対して

>アメリカインディアンも人口調節していたそうです。


と書いた。


食糧事情と人口はリンクしていると主張する人が多い。

曰く、農業と牧畜が人口を増やした。

稲作が人口を増やした。農耕技術が人口を増やした・・・


それはそうだろう。

しかし現代の食糧事情と人口はリンクしていない。

たとえば日本は食料を捨てながら人口を減らしている。




「現代社会は古代と違うからだ」と言われたことがある。

どこがどう違うのかわからない。説明してほしい。




成熟した社会は安定を求める。

安定した社会は人口をコントロールする必要がある。

現代も古代も同じだと思う。


確信はないが神に捧げる生け贄や成人儀式としての首刈りも、人口調節の役割を担っていたのではないかと思っている。




以下、アメリカインディアンが人口調節していると書いたソースの紹介

—————————————————————————————————


カリフォルニア先住民の文化領域 (関俊彦 六一書房)


P27〜28

・・・特権階層は全人口のおよそ5%、つまり、男性の10%を占めていたらしい。

 この階層は世襲制ではなく、男子が6歳くらいになると、賢そうで、責任感の強そうなまじめな者を選び、16歳ころまでに・・・一族の掟や慣習、指導者の心得を学んだ。

…(中略)…

 特権階層は全体の人数が限定されていることから、家族は禁欲を守り、さらに間引きや中絶で人口を調整した。

 平民は・・・子供を多く産むことができた。



P112

 おそらく先住民は人口過剰の危険性をよく知っており、人口をコントロールして収穫できる量の限度内で可能な一定の人数を保つために努力したと思われる。たとえば、人工中絶、避妊のために植物の煎じ薬をのむ、間引きをするなどである。障害をもった子供は生まれたときに処分した。しかし、すべての障害児が殺されたわけではなく、先史時代の墓跡から脳腫瘍による大きな頭蓋骨や、軟骨機能の未発達の小人症の骨が出土している。

—————————————————————————————————


通りすがりさんからのコメント

http://zaru3386.blog.fc2.com/blog-entry-6.html#comment98



.

関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/545-ed33391d

トラックバック

コメント

[C108]

縄文時代の人口増加率を「0.06%」と推計した際に、これは突飛な数値なのか、あり得るものなのか検討する過程で興味深いデータを見つけました。
記録がある国内の人口統計として、国立社会保障・人口問題研究所のサイトにある「人口統計資料集(2017改訂版)」という資料です。

そこには明治5年以降の人口統計表があり、昭和20年つまり終戦の年の年平均人口増加率が「0.06%」だったと記されていました。
他にもその表から読み取れることは、大正14年から昭和20年までの間、途中昭和恐慌や戦時中の食糧配給制度がありつつも、まるで調節されたかのように出生と死亡がほぼ同じで、とりわけ昭和10年まで人口増加率は1%台で推移したということが分かりました。

それでいながら、昭和20年が「0.06%」と極端な低下をしたことの大きな相違点は、出国者数にあります。
この出国者とは、その年までの戦争のために海外の戦地に赴かれた人々のことで、昭和22年の統計では逆に大量の入国者が記録されており、これはその帰還によるものになるかと思います。
その昭和20年の出国者の数は、なんと382万人とあり、これは全人口の5%に相当する値です。

このことから徴兵という人為的な措置で、地域の20人に1人、特に成人男性がいないと、途端に人口増加率が下がるということが言えるのかなと思います。
ざる様の典拠とされたカリフォルニア先住民の話も、特権階層が全人口のおよそ5%との由、奇妙な一致が実に面白いですね。
  • 2018-04-18 14:57
  • 通りすがり
  • URL
  • 編集

[C109]

通りすがり様

そうなのです。というか違うのです。
たぶん学会にとって重要なのは「正しいかどうか」ではなく「理想に近いかどうか」なのです。

邪馬台国が九州だと説明するのは「独島は我が領土」と習い信じる韓国人に史実を説明するのと似ているのだと思います。


理系の方は納得できないでしょうが、申し訳ないことに「人口増加率」も説得力がありません。
なぜなら戦前戦後の日本は7人兄弟8人兄弟も珍しくありませんでしたが今は1.45人だからです。


そして未来永劫「0.06%」で増加した場合、地球は人間で溢れてしまうからです。


とはいえ目安の一つであることは理解できますし、邪馬台国畿内説を否定する数値なので嬉しいです。
(こんなバカですいません m(_ _)m )
  • 2018-04-19 02:51
  • ざる
  • URL
  • 編集

[C110]

学会とはまさに象牙の塔というか、ある種、宗教という感じですね。
しかし、ローマ法王が地動説を認めたという例もありますから、真実に迫るには事実と証拠を粛々と積み上げるのみです。
  • 2018-04-20 08:20
  • 通りすがり
  • URL
  • 編集

[C111]

通りすがり様
ちょっとトンデモな書き方をしてしまったのに返信ありがとうございます。

「ローマ法王が地動説を認めた」件をぐぐったら1992年とか2008年とか最近のことで驚きました。

適切な例えをありがとうございます。

さらにWikipediaによれば「ガリレオ裁判は科学者によってつくられたストーリー」とのこと、奥深い話だと感じました。

>真実に迫るには事実と証拠を粛々と積み上げるのみです。

こんなに積み上がっているじゃないか! という思いもありますが、実際、おっしゃる通りです。
理論より形而上学のほうが優先するのが世の常なのかもしれません。ミイラ取りがミイラにならないよう気をつけたいと思います。
  • 2018-04-20 21:09
  • ざる
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR