Entries

インド 11日目 ボパール博物館

インド 1229日(金)ボパール博物館


9時にホテルを出て周辺の屋台で朝食をとりモスクなど見学して、オートリクシャーで1045分に州立博物館着。


ここは凄い!  広くて充実している。


そして、ついにヤマタノオロチを見つけた!!

タイやベトナム、カンボジアで見た複数の頭を持つ蛇ナーガは7頭か5頭で、9頭のナーガを見たことがなかった。狐は9尾というのがあるが、9頭のナーガは日本だけかなと気になっていた。


出雲の先に九頭竜川があった。ヤマタノオロチそのものだ。その先の越の国はベトナムの越に由来すると聞く。


伏羲と女媧が絡まったレリーフも大変興味深い。

山海経がインド由来というのは定説かどうか知らないけれど、そう思う気持ちが更に強くなった。



州立博物館の隣に民族博物館がある。こちらも楽しみにしていた場所だ。


ところが・・・。なんか違う。こうじゃない。作りすぎている。人類皆兄弟な雰囲気が胡散臭い。まあ、そういうのもあるさ。


更に1キロほど先にも博物館があるのでオートリクシャーで向かう。なんと500ルピーですと。広い民族公園で2キロ先の湖畔の博物館も含まれているのですと。


はー。入ってみる。まずは人類博物館。広い。ちょっと面白い。

しかし車で来た人はいいけれど2キロ先の博物館まで歩け、タクシーはない。と言い切られても辛い。いや、ヒヤリングが間違っていたのかもしれないが、歩きましたよ。


5時半の閉館時間が迫っていたので焦ったが、湖畔の博物館は写真パネルがあるだけだった。おかげで周辺の民族家屋などを見ることができてよかった。


湖畔のレストランで夕食を食べてからオートリクシャーで鉄道駅へ。

ジャルガオンへの列車予約はとても難しかった。


チケットリザベーションと言っているのに当日券売り場を教えてくれるし、駅員に日にちと希望の列車・等級を書いたメモを渡しているのに150ルピーとか言うし、あっちだこっちだといくつも窓口があるので驚いた。1時間半かけてやっと、1/1深夜ボパール発1/1朝ジャルガオン着の希望のチケットを手に入れた。


ホテルまでの散歩は楽しい。


関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/530-92d898b7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR