Entries

インド 9日目 チャンパネル → インドール

インド 1227日(木)チャンパネル  →  インドール


8時にホテルを出てバスでバスターミナルまで戻り、近くのレストラン付ホテルに荷物を置いてもらってチャンパネル散策。

まず見学料500ルピーを払って遺跡内でSIMを交換する。今回もipadからポケットwifiを操作する必要はあったが接続出来た。(遺跡内も電波は弱かった)


遺跡は広い。昨日の疲れが残っている。それでも頑張って遠くの遺跡まで足を伸ばそうと歩き始めた。

ところで、インドもタイと同じように犬がたくさんいる。前も後ろも人がいないと犬に囲まれたらと不安になる。そんなおり相乗りリクシャーが止まってくれたので乗った。行き先が違うだろうなと思った通り、湖の先の村のフェスティバル会場で降ろしてくれた。なにこれ。太鼓とか旗とかやぐらとかあるんですけど。パンフレットをいただいたので後で調べたいと思う。


オートリクシャーを降りた辺りで反対方向のオートリクシャーに乗り、遺跡に戻って遺跡巡り再開。


荷物をピックアップして12時にバスターミナルに行くとちょうどゴドラ行きのバスが出るところだった。


チャンパネルの複数の人にインドールへの行き方を聞くとゴドラからインドール行きのバスがあって6時間ぐらいかかるとのことだった。が、ゴドラに着くとインドール行きのバスは出てしまったという。仕方ない、小さい区間を少しづつ進む事になった。


チャンパネル  →  ゴドラ  →  ダーホード  → ジャプア  →  インドールと4つのバスを乗り継いで10時間以上かかった。


途中のバスターミナルでバスを聞いてくれた人。バスの中で席を確保してくれた人。みんな優しい。


22:30ごろ、インドールのバスを降りたところでオートリクシャーで歩き方推奨のホテルに向かう。最上階のトイレ無し300ルピーの部屋ならあるという。もう少し良いホテルに泊まりたいので周りのホテルを回る。全て満室。はあ。・・・と、男が話しかけて来た。ホテルならあるぞ。こい。

ガラガラ引っ張りながら着いて行くと、ガードをくぐった先に寂れたホテルがあった。うわ、やばい。


しかし夜遅いしままよ。なに? 500 まあいいや。

服を着たまま、コートを敷いてジャケットを掛けて寝る。




関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/528-92eb65a8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR