Entries

天智と天武の関係

前回の続き



結局邪馬台国はどこにあったのか

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1492945490/



43 :名無し募集中。。。@\(^o^)/:2017/04/23(日) 23:22:53.91 0.net
山幸彦海幸彦は日向 
三代後が神武天皇




その通り。

そして山幸彦と海幸彦の神話は壬申の乱を比喩している。

山幸彦は天武であり、海幸彦は天智である。

一方、海神の娘たちと結婚した部分において、海神は天智であり、娘達は大田皇女や持統天皇に当たる。




日向の王子が大宰府ヤマト国の娘達を娶い入婿(東宮)になったにも関わらず皇位継承問題が起こってしまった。



  *  *  *



天智にはすでに大友皇子がいた。

大友の母の身分が問題だとしても他にも皇子や皇女がいたのになぜ天武を迎えなければならなかったのか。



大宰府ヤマト国は度重なる百済救済と母斉明天皇の浪費によって経済破綻していたからだ。




斉明天皇の浪費とは「狂心の渠」といわれる大野城築城や基肄城(吉野宮)造営だ。

加えて大化改新後、東国畿内での経費増大もあっただろう。




それらを請け負ったのが日向の天武ではなかっただろうか。

西都原古墳群は3世紀から7世紀のものだ。




魏志倭人伝にあるヤマト国の王は共立された王であり、記紀神話とは相容れない。



記紀による天皇は日向国の高千穂峰へ天降した神の系譜だ。

天皇の系譜は太宰府ヤマト国のものではなく、日向の王が入婿したことで加わった系譜なのだろう。



.


関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/511-155e6e59

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR