Entries

タイ旅行_02' バーンチエン国立博物館

バーンチエン国立博物館
DSCN1536s.jpg DSCN1537s.jpg 
DSCN1575s.jpg DSCN1577s.jpg
■ 5600〜3000年前

DSCN1538s.jpg DSCN1541s.jpg 
■ 3000〜2300年前

DSCN1540cs.jpg DSCN1542s.jpg
□ 3000〜2300年前のガラス玉と青銅器

DSCN1547s.jpg DSCN1550s.jpg 
■ 2300〜1800年前
□ 柄に青銅の環を伴った鉄の槍

DSCN1582s.jpg DSCN1592s.jpg 
□ スプーン(2300〜1800年前)

DSCN1564s.jpg DSCN1608s.jpg 
□ パネルに使われたイラストのある土器(2300〜1800年前)

 DSCN1552s.jpg DSCN1585s.jpg
□ 左:手術痕のある頭蓋骨 
  右:布のパターンを作る土製品(副葬品にもなる)

DSCN1566s.jpg DSCN1567s.jpg 
□ 右足に青銅の足首飾りをした幼児(英語不安)
 
DSCN1568s.jpgDSCN1569s.jpg
□ 2300〜1800年の埋葬

DSCN1583s.jpg DSCN1584s.jpg 
□ 左:幼児用甕棺 右:成人用副葬品としての壺

DSCN1610s.jpg DSCN1571s.jpg 
DSCN1594s.jpg DSCN1600s.jpg 
DSCN1579s.jpg DSCN1596s.jpg 

 ・・・・・

土器の人物画から2000年前に模様を施した服を着ていたことがわかる。
装飾品が多く、おもちゃがあり外科手術もしていたのだから豊かな社会だったのだろう。
武器の展示が少ないのは実際出土が少ないからではないだろうか。

人々の生活は武器がない縄文文化と似ていたのかもしれない。
ただしパターンを描く彩色土器は日本には少ない。
火焔土器も日本独自だ。
・・・あ、漆について聞くのを忘れた。


埋葬について。
幼児のみ甕棺葬なのは九州を除く日本と同じだ。

成人の骨をまとめて甕に収める洗骨葬の有無も聞くのを忘れた。

成人の甕棺については1月5日に行ったラムプーンの博物館にあった。
台湾も北部にだけ甕棺がある。
タイも台湾も日本も多民族国家で、様相が似ているのが面白い。


 ・・・・・


バーンチエン国立博物館でチケット売り場に行くと今日はフリーだという。
最初は理由がわからなかったが後日、プミポン国王崩御(10月13日)を偲んで1月31日まで入場料が免除なのだと知った。国中至る所に国王の写真と献花があった。

タイ東北部〜北部〜バンコクと移動したのでバンコクに着くまで「最近タイでは黒い服が流行っているのかな」と思っていたのだが、バンコクは喪服を来た方がたくさんいて、全国で喪に服しているのだと驚いた。
タイの国民に敬意を表するとともに改めてプミポン国王のご冥福をお祈り致します。


.






関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/508-777e974c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR