Entries

珍敷塚古墳の太陽の船

前回、エジプトの暦デカンについて触れた。


難しくてわからないけれど、便利な暦法は周辺に伝わっただろう。


馬車が発明される前、陸を移動するより海上を移動するほうが容易かった。
ダブルカヌーがあれば、家族が家具を持って移動できる。


実際3万年以上前、高原山遺跡の日本人は外洋交易を行っていた。
 →古代日本人の航海術
  記紀にみえる帆船




 ※ ※ ※ ※ ※




何が言いたいかというと珍敷塚古墳。
エジプトにそっくりな壁画があることで有名だ。
 →「珍敷塚古墳 エジプト」で画像検索

988328c2.jpg P1010082s.jpg
左:古墳に残る帆船壁画
  「日本の古代〈3〉海をこえての交流」 (中公文庫)よりスキャン
右:珍敷塚古墳にて(2006.3.7)






2006年、福岡で原付きバイクをレンタルして一週間走り回った。
原付免許しか持っていないので・・・。

九州は凄い。見るべき所だらけでどうしようもない。



筑後川流域は日本版「王家の谷」だった。

斉明天皇は近くの朝倉宮で崩御した。
甘木朝倉は畿内と地名の相似関係にある場所だ。
 →斉明天皇は九州へ出兵したのだろうか






エジプトの壁画と似た「太陽の船」が描かれているのは珍敷塚古墳だけではない。
近くの原古墳や鳥船塚古墳にもあった。

P1010092s.jpg P1010093s.jpg
左右とも:珍敷塚古墳近くの鳥船塚古墳(2006.3.7)






重定古墳や古畑古墳の同心円はインドネシアの博物館で見た壁画と似ている。

インドのヒンドゥー教は東南アジア全域に受け入れられた。
同様にエジプトの文明も東南アジア全体に届いているのではないだろうか。

P1010097s.jpg スマトラ壁画
左:珍敷塚古墳近くの古畑古墳(2006.3.7)
右:ジャカルタ 国立博物館の日本語パンフレットをスキャン




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/454-47ab09a2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR