Entries

大鷲神社と酉の市

DSCN0640s.jpg DSCN0637s.jpg
DSCN0661s.jpg DSCN0659s.jpg



前回、馬頭観音の多くが供養塔として祀られていることを知った。
馬主にとって馬頭観音がヴィシュヌ神の化身とかの教義は関係ないらしい。



散歩しているうちに暗くなった。
小さな神社があったので寄ってみた。

由緒書きが面白い。
曰く。
------------------------------------------------------------------------
   大 鷲 神 社
 当社は出世大鷲神社と称し、御神体は剥製の大鷲です。
 この地は天沼本村と呼ばれた農村地帯で、主に東京への野
菜供給地でした。大正十年一月十一日、現在の本天沼二丁目
三十七番付近の畑地にあった赤松に飛来した鷲を、村の人た
ちが悪戦苦闘の末仕留めました。羽を広げると二メートル以
上もある大鷲でした。村中の人達が見物に来、村に祟りでも
あると大変なので
、おとり様としてお祀りしようと話がまと
まり、一社を建立しました。その後毎年十一月の酉の日には
市がたち、浅沼本村だけでなく近郷近在の名物として狂言や
踊りなどの余興を催したり、華やかなお祭りがありました。
今でも酉の日には、町の有志により商売繁盛を祈る熊手が売
られています。
 石の鳥居は、昭和六十三年十月に建てられました。
 前を通る早稲田通りは拡張され、今では平坦な道となって
いますが、昭和初期の区画整理前は、大鷲神社から西へ向う
ところは“けんぼう坂”と呼ばれ、かなり急な坂道で荷車を
引く者にとっては難所の一つになっていました。
 平成三年三月
                   杉並区教育委員会

------------------------------------------------------------------------


鳥を仕留めてしまったから祀って、鳥つながりで酉の市がたつという。草。



 ※ ※ ※ ※ ※



酉の市って何?

酉の市>由来@Wikipedia要旨
------------------------------------------------------------------------
神道の解説:鷲神社の祭神である日本武尊の命日が11月の酉の日だから。
仏教の解説:1265年11月の酉の日、鷲妙見大菩薩が鷲の背に乗り現れたから。

------------------------------------------------------------------------

・・・。このいい加減さはなんだろう。
景気のいい話で盛り上がりたいだけだろうといいたくなるような。





ところで。
酉は十二支のひとつであり、十二支は十干とともに暦の一種。


十二支って何さ?




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/452-e91afc2b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR