Entries

世界の日本下げ博物館

シンガポール国立博物館は「太平洋戦争で日本人は残虐だった」と展示していたと書いたら
コメントをいただいた。
 →マレーシア12 シンガポール

マレーシアペナン島のペナン タイム トンネルも「日本軍が暴虐だった」と説明していた。
PINAN TIME TUNNEL The History Museum 歴史博物館
 →マレーシア02d ペナン タイム トンネル

ただしペナン島のこの博物館はどこが運営しているのか分からない。
公立の博物館ではないと思う。

近くにあるペナン州立博物館は日本に対して穏やかな表現だった。
 →マレーシア02c ペナン州立博物館





アメリカのスミソニアン博物館も日本人として納得出来ない展示だった。

R0011472s.jpg R0011484s.jpg
東条英機とヒトラーとムッソリーニを同列に並べ
いわゆる「南京大虐殺の証拠写真」を掲げる

R0011483s.jpg R0011478s.jpg
日本は悪の枢軸国であり
真珠湾攻撃では2400人以上のアメリカ人の人生を奪ったという






こういう「日本下げ」は長い間、・・・敗戦後ずっと行われてきた。
敗戦後ずっと、中国の抗日映画や南京のでっち上げに対して日本は反論しなかった。

日本が反論しないことは日本の市街を無差別爆撃し、原爆を落としたアメリカはじめ
欧米諸国にとっても都合の良いことだった。


そんなわけで日本の残虐性を展示する博物館があちこちに作られてきた。

次はカンボジア、プノンペンのトゥールスレン博物館について書きたい。




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/440-ebcf2be5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR