Entries

タイ・カンボジア06 プノンペン

レンタルバイクにチャレンジした。
右通行は初めてだし2年位バイクに乗ってなかったのだが、
プノンペンの逆行してくるバイクや勝手に横断する人の渦に混ざって運転出来た。

みんな自由気ままに運転しているのに結構スムーズに流れている。
気ままだけれど譲り合いが身についている、のかもしれない。
車もバイクも強引な運転をする人がいないからかもしれない。

10時間乗り回した後、契約書を見直して気が付いたのだが110ccバイクだった。
50の免許しか持っていないんだが、うん、110は快適だった。



まず行ったのは国立博物館。
博物館の写真禁止は辛い。デッサン力ないしバカだから写真がないと思い出せない。
ただし中庭は撮影可能エリアになっている。なので中庭から中の立像を撮影する。
するとダメだという職員と、何も言わない職員がいる。
中での撮影を許可しているガイドもいてカオスだ。

南のタケオ州に6〜7世紀の完成度の高い石像がある。(写真はない)
予習が足らなかった。トラートからプノンペンに来る途中、立ち寄ればよかった。

201412230037209a3.jpg 20141223003720717.jpg
国立博物館 中庭の石像と入口のガルーダ



国立博物館の次はワット・プノンというガイドブックに載っている寺を見て
トゥール・スレン博物館へ。ポル・ポトの蛮行跡だ。
見たくはないがカンボジアに来たからには素通りしたくもない。

テレビその他で見たことのある展示をひと回りしたのだが。
順路の2番目のエリアがカンボジアと沖縄の友好何ちゃらの展示だった。

ポル・ポトと日本政府を同列に扱いたい市民運動の一環だ。
写真も用意したので別枠でアップしたい。



最後に向かったのはキリングフィールド。
プノンペンの南12kmにある。地図も確認していたはず。
それなのに‼︎ なんでまちがえるかなあ!

旅行者を乗せたトクトクの後に付いて行けばいいのに追い越して
でこぼこの埃だらけの道を行ったり来たり。

1時間半かけてたどり着いた場所は、楽しくないし勉強にもならない場所。
見たことが自己弁護のためであれ、入館料がカンボジアに入る事で良しとしたい。

さて、見終えて駐車場でバイクのカギをチェーンに挿したまま座席の下に入れて
閉じてしまった。やってもーた。どうすべえ?

近くにいた数人が集まって、なんと、各自のカギを挿して3人目のカギで座席が開いた。

すごい。助かったけれど、すごい。
バイクを借りるとき、駐車する時は必ずチェーンするようにと強く言われたが、納得だ。

帰りも道に迷いながらなんとか6時前にバイクを返却し、歩いてバスターミナルへ。
明朝のラタナキリ行きのバスを予約する。

夕食を買ってゲストハウスへ。



2015.04.04 追記:
http://zaru3386.blog.fc2.com/blog-entry-441.html">トゥールスレン博物館と沖縄 
http://zaru3386.blog.fc2.com/blog-entry-441.html



.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/431-09980a5a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR