Entries

考古学シンポジウムに参加して

2010年1月30日(土)
考古学研究会東京例会・石器文化研究会 合同シンポジウム
考古学の方法論を見直す(於:明治大学駿河台キャンパス)

に参加した時のことです。
あまりの酷さに唖然としました。

■中国・韓国・ロシア(沿海州)と協力しあうべき
→なぜ東南アジアには無関心なのでしょうか。
 ヤシの実が流れ着く日本は食べ物も住居も風習も東南アジアと似ています。

縄文時代を「素晴らしい縄文時代」などと教えるのは右翼的だ
 フランスやドイツは「素晴らしい旧石器時代」などといわない。

→フランスもドイツも旧石器時代人≠現代人が明らかなので、日本とは違います。

■環状集落は実際は2〜3棟の小さい村だった可能性がある
→ニューギニアの環状集落と縄文遺跡はそっくりです。
(2~3軒で広場をどう使っていたというのでしょう。)


ひとりひとりの発表は真面目で誠実だったのですが、
日本は中華文明から遠くはなれた極東の弱小国だったので
「縄文時代は素晴らしい」と考えるのは右翼的でけしからん。

という立ち位置からの真面目な姿勢でした。


頭脳明晰な学者がなぜ自国の歴史を卑下するのだろうと思っていた時
聴講者のひとりが興味深いけれど主催者サイドからスルーされた発言をしました。

「イギリスでは日本学が盛んである。日本文化は大変多様なので
ひとつの文化ととらえず、16のパーツに分けて研究している。」というのです。

日本人が自虐史観に浸っている間に世界(競争相手)は
着実に日本を研究しているということでしょうか。


古代史に興味を持ち始めた頃はキナ臭い近代史と違ってイデオロギーの薄い時代だと
気楽に考えていましたが大間違いでした。
敗戦後の左翼思想が古代史を歪めているのにようやく気がつきました。


武器の少ない社会で書いたように
1万年以上続いて、時代ごと、地域ごとの変化が大きい縄文時代を
縄文時代とひとくくりにしてしまうのも矮小化のひとつだと感じます。


ニューギニアの環状集落:トロブリアンド諸島にある縄文時代の遺跡と似た集落配置

.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/42-dcf0f2c4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR