Entries

正義とはなにか(福島香織氏)

http://www.youtube.com/watch?v=MODyFW4To1E">1/3【討論!】恐怖大陸中国の実態とメディア報道[桜H26/9/27]
http://www.youtube.com/watch?v=MODyFW4To1E



「尖閣問題」と「日本と中国の意識の差」
ジャーナリスト福島香織さん発言の要旨(51:00〜55:00)
------------------------------------
中国は法より力の世界だ
力とは権力・お金・暴力の3つ

日本人は「尖閣問題を話し合おう」という
しかし中国人にとって話し合いは農民のように力のない人間のすることだ

尖閣問題で日本が国連やアメリカにお願いすることを
中国人は笑う

ああ、日本人は力がないから話し合おうとするんだな
まるで農民の陳情と同じだな、と



中国で農民が土地を奪われたり不当な暴力を受けた場合
・もしお金がれば裁判をする(裁判官を買収できる)
・力があれば徒労を組んで役人を袋叩きできる
・権力があれば役人とツルンで一緒に悪いことができる

お金も力も権力もないから「自分たちに正義(理)がある」といって
もっと力のある人に頼み込む


それは中国人にはとてもみっともないことにみえる
力(お金と武力と権力)がないのはみっともないことだからだ


力を手に入れるためには知恵が必要
力のない人は知恵がない人だ


生まれながらに権力を持っている人はいいけれど
現実的には努力では超えられない戸籍の壁とか地方の壁とかがある
力は努力とか真面目さではどうにもならない(努力とか真面目さは無意味だ)

そういう世界の理の中では何が正しいかというのは全く日本人とは感覚が違う

(水島)異次元の世界だね

偽物をつくるのはひとつの知恵の証かもしれない
それをばれないようにするためのネゴシエーションも力だし
そうやってお金を手に入れれば権力をもってさらに蓄財を増やせる



(水島)尖閣の問題を日本の場合は話し合いでとか言っているけれど
    中国人はそういう発想でいるんですか・・・


そうですね
「正義とは何か」といった時、
「金と暴力と権力の3つを合わせたパワーを持った人が正義です」

というのが、これは嫌な言い方だけれど、世界のスタンダードであって
それは違うんだよ、と、子どもに教えるのは日本だけではないだろうか





.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/416-aabbc512

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR