Entries

古代妄想

2世紀の日本の人口は600万人で、邪馬台(ヤマト)国は太宰府にあった※1
太宰府大和国の倭人が朝鮮半島で鉄を採っていた
大和国は雲南の滇国と同等の勢力があり金印を少なくとも2度受けた

太宰府の大和国と畿内の蘇我帝国は姻戚関係にあり
畿内の古墳にある阿蘇ピンク石の石棺は太宰府から来た嫁や婿に使われていた


 * * * * *


4世紀以降の畿内は、山陰山陽で砂鉄製鉄が確立して潤い巨大古墳時代となったが
大宰府の大和国には陰りがあった

半島で新羅が台頭し、鉄の利権が畿内に移ったからだ

皇極天皇の時、太宰府の大和国は畿内の蘇我帝国を乗っ取り(大化の改新)
弟の孝徳天皇を畿内に派遣し、鉄の利権を取り戻した

ところが孝徳天皇は蘇我帝国に飲み込まれてしまった(ニギハヤヒ)ので
天智の妹で孝徳天皇に嫁いだ間人皇女を畿内から太宰府に呼び戻す

孝徳天皇崩御(654年)後の畿内運営は天智の腹心鎌足に委ねる


 * * * * *


660年 唐と新羅が連合して百済を滅ぼした
663年 大和国は白村江の敗戦を契機に半島から撤退した

その際、日本に帰ってきた倭人を日本書紀は「帰化人」といった※2



 * * * * *


672年 壬申の乱 場所はもちろん太宰府

天智天皇の息子大友皇子と娘婿、日向出身の天武の抗争だ




--------------------------------------------------



ここまでは自信がある 間違いない
いや古代史観は十人十色、みなそれぞれ自信があろう

私も自信がある
どんなツッコミにも理論武装できている



しかし壬申の乱の後が納得出来ない事態に陥っている




.


関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/415-5badb4c6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR