Entries

邪馬台国太宰府説

そりゃね。
弥生時代の人口は600万だったとか
いわゆる竪穴住居は住居ではなく燻製小屋だったとか言っているわけだから
世間的にはトンデモです。自覚してます。



だけどね。
2世紀の中国に6000万人いたなら日本に600万人いていいでしょ?
遺跡の分布が中国より少ないなんて聞いたことがない。
 →弥生時代の人口(2)

竪穴住居は日本独自の住居形式らしいけれど
湿気の多い日本で穴を掘って住むなんて正気の沙汰とは思えない、でしょ?
 →竪穴建物 01 黒井峯遺跡


弥生時代の人口60万人説は竪穴住居址から導き出した数字だという。
竪穴住居址が住居ではなくて燻製小屋あるいは作業小屋だったなら、
弥生時代の日本人も今と同じ縁の下のある高床住居や平地住居に住んでいたなら・・・



ともあれ



邪馬台国について、アカデミックは畿内説を崩さない。


そして弥生時代の人口が600万あったら畿内説は成り立たない。


未だに「邪馬台国は7万戸/35万人、畿内以西が邪馬台国だから日本全体は60万程度がふさわしい」という畿内説者がいるけれど、よーく考えて欲しい。


・邪馬台国は現在の対馬と壱岐と福岡県と大分県北部で中心は大宰府だと考えている。
 →邪馬台国までの行程


・日本の人口が600万あったら九州の人口は今の人口比で1/10の60万となるが
 朝鮮半島南部の鉄で潤っていた九州は70万ぐらいだっただろう
 今の人口比で福岡と大分の人口は九州全体の半分弱なので邪馬台国35万人は妥当な数字だ。




・邪馬台国の南の狗奴国には狗古智卑狗がいて邪馬台国に従属していないという。
 太宰府の南に菊池があるじゃないか。


・邪馬台国の東の海を渡るとまた倭人の国があるという。
 それは山口県でも愛媛県でもいい。



邪馬台国の中心が大宰府とすれば倭人伝との齟齬がない。



ところが畿内説の場合、邪馬台国が支配していた畿内以西の人口が35万人で
南は東で、海を渡るのは琵琶湖かも伊勢湾かも・・・って、ヘンでしょ。

とはいえ学会が自ら「畿内説は間違いだった」と言うのは大変なことだとも思う。


P1000820s.jpg
太宰府「都督府古址」石碑

P1000811s.jpg P1000813s.jpg
2006.03.06 太宰府跡



関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/388-5e28d5c6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR