Entries

バイカル湖あたりから来たと言いたい

総合「研究大学院大学_2」
日本の土器や貝塚や磨製石器が世界最古であることも都合が悪いようだ。

前回の「耳垢の人類学w」に
そういえば「縄文時代より古くてよく似た磨製石器がバイカル湖あたりから出土するのは縄文人がバイカル湖あたりから来たからだ」と言われていたが、日本の磨製石器が世界最古となった今、アカデミックはなんと言っているのだろう。

と書いた。


歴史・考古学界には日本を中国韓国の格下に置きたい風潮があるように思える。
例:考古学シンポジウムに参加して


そんな風潮が「日本人はバイカル湖あたりから南下して来た」という「北方モンゴロイド南下説」の素地になっていると思っている。


 ※ ※ ※ ※ ※


日本人バイカル湖畔起源説@Wikipedia
最初は「骨計測の観点から」提唱されたという。


バイカル湖あたりの人たちが日本人と似ているのは本当だ。
だったら彼らが南下した可能性だけでなく、われわれと共通の祖先がさらに北上した可能性をなぜ考えないのだろう


モンゴロイドを「南方系」と「北方系」に分けたのもおかしな話だ。
南方系モンゴロイドが「寒冷適応」して北方系モンゴロイドになったという。

「古モンゴロイド」と「新モンゴロイド」ともいう。(新モンゴロイド@Wikipedia
シベリアは寒いから一重瞼になって鼻が低く足が短くなったという。

だったら北欧の白人が二重で鼻が高くて足が長いのをどう説明するのだろう。



ひと昔前、北方系モンゴロイドがマンモスを追って日本列島に来たという説があった。
ところがマンモスは北海道までで、本州にいたのは南方系のナウマン象だとわかった。
以来、この説は聞かれなくなった。


ゾウに限らず、日本列島にいるサルもシカもみな南方系だ。
人間だって同じだろう?



 ※ ※ ※ ※ ※



考古学からのバイカル湖畔起源説@Wikipedia
細石刃は革新的技術であり、各地で自然発生したとは考えにくく、バイカル湖近辺から、日本地域へ人の移動とともに技術が広がったと推測

  ↓
http://rarememory.justhpbs.jp/kokuyou/k.htm">八島遺跡群・鷹山遺跡群・諏訪湖東岸遺跡群
http://rarememory.justhpbs.jp/kokuyou/k.htm
細石器は…(中略)…バイカル湖周辺で3万年前に生まれ…(中略)…日本列島には1万4千年前以降に伝播した。

  ↓
http://sicambre.at.webry.info/201402/article_30.html">インドにおける細石刃の出現年代の見直しと現生人類の拡散
http://sicambre.at.webry.info/201402/article_30.html
インドにおける細石刃技術の年代を、放射性炭素年代測定法と光学的年代測定法との組み合わせで見直し、インドにおいて細石刃の出現は45000年以上前までさかのぼる、としています。




さて、日本の学会が「日本人バイカル湖畔起源説」を否定したら。

東南アジアに今まで以上に目を向けなくてはならなくなる。

東南アジアを調べれば旧石器時代どころか現在も似た社会なのが分かってしまう。

とくに弥生時代〜古墳時代がそっくりなのが分かってしまったら。

・・・いろいろと大変かもしれない。



 ※ ※ ※ ※ ※



穿ち過ぎかもしれない。
でも、どうなのよ?


伊都の港から卑弥呼の館まで
修正展開図
下・左から:高床建物・見晴台・丸木舟・丸木舟・双胴船(外洋船)


【インドネシア 03】Taman Mini Indonesia Indah
尼TM_S_RIMG5195 尼TM_S_RIMG5196
左:胸に銅鏡。頭に金冠。腕輪。そして馬を引いている。
  日本の古墳の副葬品と同じだ。
右:こういう若者が舟を漕いでいたのではないか。

台湾の櫓




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/382-30f59fd1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR