Entries

マレーシア06 クアラトレンガヌ→KL

08:00 チェックアウト
宿近くの食堂で地元の人が美味しそうなものを食べていたので同じものを頼む。
とても美味しくて飲み物付きRM3.5(約120円)

09:10 クアラトレンガヌ発
バスはガラガラな状態で出発。このバスがなぜ売れ残っていたかわかった。いくつものバスターミナルを経由する便だったからだ。

12時頃、昼食休憩があったので聞くとまだ東海岸のクヮンタンだという。
クアラルンプール(KL)到着予定はあ6時半とのこと。
地球の歩き方に7時間とあるところを9時間半かけるわけだ。
私としては高速道路を突っ走るより、土地を眺めながらの方がいいので願ったりだ。

マレーシアは車が多い。KLに近づくと渋滞にはまった。
ツインタワーが見えたあたりのバスターミナルで半数以上が降りる。

まあ、私は終点だから。
そお思っているうるにバスは渋滞を脱し、ずんずんツインタワーから離れていく。
・・・山じゃん。

近くの人に訴えると口々に助言してくれる。

「KLが終点じゃないよ」「終点から中距離バスで戻ればいい」
「バスがなかったら明日の朝でもいいじゃないか」
「列車がいいんじゃないか」・・・などなど。

クアラルンプールから小一時間で終点の小綺麗なバスターミナルに着いた。

一番近くの席にいた人が、わざわざKTMコミューター駅に連れて行ってくれる。
駅は近代的で人がたくさんいる。

「この列車で空港に行けるから。空港からはKLセントラルに行けるはずだから」
そう言って親切にもチケット販売機に一緒に並んでくれる。

並びながらふと横を見るとKLセントラル行きの切符を手売りしているじゃないか。
「これ?」「あ、それ」
切符を手にして改札で別れる。

ありがとうございました。
暗くなる中、助けてもらえて心強かったです。


しかし、地元の人が地元の交通機関を知らない。
博物館を知らない。地図を知らない。

マレーシアに限らず、そういう場面に出くわす。
日本で言えば東京の人が大阪は東京より北か南かわからないレベルなので面食らう。
確かに東京で暮らすのに大阪が北か南かなどどうでもいい。でも何でだろう。


KLセントラル行き列車は約30分で終点のKLセントラルに着く。
そこからLRTに乗り換えて一駅。チャイナタウンインにたどり着く。

20:30 宿にチェックイン。




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/361-13b14dd0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR