Entries

ベートーベン黒人説

「ベートーベン黒人説」というのがある。
たぶん10年以上前、本だったかネットだったか覚えていないが
「アフリカでは今も多くの人が信じている」と書いてあった記憶だ。
さらに「ベートーベンの時代のヨーロッパは今ほど人種差別がなかったので
わざわざ黒人と明記しなかった」のだと。

なるほど。そういう可能性もあるんだと思った。

そんなことを思い出したので検索してみた。
まずはWikipediaから。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン@Wikipedia
1827年3月26日、肝硬変により56年の生涯を終えた。その葬儀には2万人もの人々が駆けつけるという異例のものとなった。…(中略)…身長は167cm前後と当時の西洋人としては中背ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕があったとされる

Wikipediaには「肌は浅黒」いとあるが黒人とは書いてない。


 ※  ※  ※


私自身は黒人説ではないけれど、可能性はゼロではない、半々ぐらいに思っているので
以下気になるサイトをピックアップした。
(リンク許可いただいてないので拙かったらご連絡ください)

http://blogs.yahoo.co.jp/kaoru_aoko/23706776.html">ビートルズ「LOVE」。・・・・・ついでに聖歌とシンコペーションの話と、ベートーヴェンの話。
 http://blogs.yahoo.co.jp/kaoru_aoko/23706776.html
そのまたついでに書いておくと、私のとある友人(アメリカの黒人)は、大まじめな顔で、
「ベートーヴェンは、黒人だったんだよ。知ってる???」って言ってました・・。
彼のナマザシは、どこまでも、本気でした・・・。いろんな説が、あるものですね。




http://www.pen.co.jp/index.php?id=710">ベートーヴェンとベートホーフェン
 神話の終わり

 http://www.pen.co.jp/index.php?id=710
ウィーンにはかなり威圧的な〝いわゆるベートーヴェン〟の銅像が立っているが、実際はあのような強烈な容姿の持ち主ではなく、背丈はずば抜けて小柄で、髪は黒く、顔も黒くてモール人(北アフリカの住民)とまちがえられるうえに、アバタだらけというからおよそ金髪長身のドイツ人とはかけ離れていた。




http://open.salon.com/blog/ronp01/2009/09/27/the_african_heritage_of_ludwig_van_beethoven">Was Beethoven Black? Was His African Heritage Whitewashed?
 http://open.salon.com/blog/ronp01/2009/09/27/the_african_heritage_of_ludwig_van_beethoven
Said directly, Beethoven was a black man. Specifically, his mother was a Moor, that group of Muslim Northern Africans who conquered parts of Europe--making Spain their capital--for some 800 years.

Google翻訳+α
ベートーヴェンは黒人だったか? アフリカ人であることを隠蔽されたのか?
はっきり言うと、ベートーヴェンは黒人だった。具体的にはベートーヴェンの母親が北アフリカのムスリムであるムーア人(約800年ヨーロッパの一部であるスペインを征服した)だった。




http://raptorific.tumblr.com/post/16866729630/beethoven-was-black">"Beethoven was Black."
 http://raptorific.tumblr.com/post/16866729630/beethoven-was-black
But yes, if Beethoven were alive today, ancestry aside, he would be treated as a black man by society.
…(中略)…
The point here is that even though the evidence in favor of him being black is overwhelming and the evidence against is insignificant at best, people are eager to overlook the descriptions of people who met him face-to-face and the portrait he regarded as most accurate in favor of the assumption that he was a white man.
…(中略)…
Challenging Eurocentrism in history is going to uncover a lot of times when whitewashing has occurred (see: How just about everything good Abraham Lincoln did for black people was something Frederick Douglass told him to do). While yes, there is a chance Beethoven was completely white, that answer is less likely than “historians intentionally left out certain details to keep people from challenging the stereotypes about black people they were spreading to ensure their continued ability to oppress them,” or, as it’s more commonly known, a “dominant narrative.”


Google翻訳+α
ベートーヴェンは黒人だった
祖先はさておき、ベートーヴェンが今日生きていたら社会から黒人として扱われる。
…(中略)…
ここでのポイントは、彼が黒人だという証拠があるにもかかわらず、白人だと思いたい人びとはその証拠を見落とすことを熱望しているということだ。
…(中略)…
歴史のヨーロッパ中心主義に挑戦することは隠蔽をを暴露することだ(参照:エイブラハム·リンカーンが黒人のために良いことをしたのはフレデリック·ダグラスと話したことにもよる)。さて、ベートーヴェンが完全に白人だったとしたら、それは「黒人を虐げ続けるために吹聴してきた黒人の定義に人びとが異を唱えないため、歴史家が故意に細部を省略している」というより可能性は小さい。あるいは一般的に知られているように「支配者の物語」だ。



 ※  ※  ※


ググると沢山の英語サイトが黒人説をとりデスマスクや肖像画を載せている。
ちなみに黒人説はハーフやクオーター、それ以下の混血の場合も含んでいる。

アメリカでオバマが「アメリカ初の黒人大統領」といわれた時
オバマはハーフなのだから白人と黒人の中間であり黒人というのはヘンだと思っていたのだが
ヨーロッパの常識では少しでも黒人の血が混ざっていると黒人に分類されるのだそうだ。


最初「私自身は黒人説ではない」と書いたが、
クオーターでも黒人というならベートーベンは黒人だったのだろう。
検索した結果、その思いを強くした。


もうひとつ。
黒人説を否定する日本人サイトに「祖父がブロンド」というのがあった。
しかし当時はカツラが当たり前だったから。


 ※  ※  ※


で・・・翌日追記。
ムーア人(モール人)というのはベルベル人のことで
ベルベル人はコーカソイドだという。

なんだよ。わけわかんないよ。

Wikipediaで人種を見ると20世紀後半の定説ではサハラ砂漠以北とアラブは当然
インド西部までコーカソイドだという。

人種分布

それじゃベートーベンは黒人じゃないよ。

全く納得出来ない分布図だけれど、ヨーロピアンとしてはこれで
ピラミッドを作ったのは自分たちだと言えるわけで。
学説というのは恣意的なものだと思わざるをえない。

日本人の来た道 06 まとめサイトから




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/351-306ef8de

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR