Entries

たくさんの渡来人はありえない(日本語から)

さて、縄文時代の終わりに大陸から弥生人が渡来したと信じられているわけだが
以前ヤフー掲示板に書いたものが見つかった。それを少しリライト

 ※ ※ ※ ※ ※

中国へ3度、韓国・インド・インドネシアに2度、台湾、フィリピン、タイ、ミャンマー、ラオス、ベトナム、ネパールなどに行って(たいがい一人旅)日本人は環太平洋の一員だと確信するようになった

日本は中国とは似ていない。中国はアジアの国々よりヨーロッパの国に似ている
いや、雲南などの少数民族は日本と似ている
しかしそれをいうなら雲南の少数民族よりタイやインドネシアのほうが似ている

アジアにおいて特殊なのは日本ではなく中国だと思う

・・・・・

いま「縄文人は南方系でも弥生人は違う」と考える人が多いのは知っているが、本当に大陸からの渡来人は多かったのだろうか
多かったなら、なぜ日本語が「開音節」を維持し、「敬語」があるのだろう


16世紀に台湾に渡った福建省を中心とする人々は自分たちの言語を使い続けたのに
日本に来た人々はなぜ故国の言葉を捨てたのだろう


学者は「渡来人は高い文化文明を日本にもたらした」という

高い文明を持った渡来人が日本で王になった場合、彼らの言葉が日本語になったはずだ
王を頼って故国の同族が大挙日本列島に来る可能性も高い

高い文明を持っていても少数だったので土着の王に協力し日本文化を発展させたのだろうか
渡来人は、自分たちより劣る国の王に従って満足できただろうか
満足できなくても武力でかなわないから日本人に従ったのだろうか

・・・・・

大陸からの渡来が縄文の終わりなら三足器を持ってきたはずだし「文字」も残したはずだ
弥生の終わりならなおさらだ

文字を持っていれば子孫に一族の系譜を伝えるための記録を作ったはずだ
しかし「故国は列島以外の◎◎である」と明記している古代豪族の家系図はない
ちなみに天皇家は「故国は日向の高千穂である」と明記している



「渡来者の記録は記紀にある」といわれるかもしれない
秦氏、東漢氏などだ

しかし秦氏、東漢氏などの名は中国朝鮮の史書にない
なぜないか
彼らは半島南部にいた倭人の系譜だからではないか

・・・・・

日本書紀は720年に完成した天皇家の記録だ
ならば彼らは663年、白村江敗戦で半島から帰ってきた(帰化した)倭人の系譜ではないか

非常識だろうか
しかし4〜7世紀に渡来して高位についた文化人がたくさんいたのに故国の言語の影響が日本語に残らなかったなどということがありうるだろうか


・・・・・


日本語に残る中国語・・・
漢字の音読みは中国語に由来するが山は「やま」であって「サン」ではない
呉服は呉の服であって「ふく」は日本語だ


漢語@Wikipediaをみると日常使われる中国語がたくさん載っているが本当だろうか
「鉄」や「天井」の語源は定かではないし
「線」は「糸」の意味だそうだが「糸」は「いと」であって「セン」ではない

・・・・・

今、日本語に英語がたくさん取り入れられている 
だれでもフェイスやハンドクリームやタオルやペンを知っている 
新聞の代わりにニュースペーパーと言っても分かる

古代であればインドのサンスクリットが仏教導入に伴い定着した
僧、盂蘭盆、卒塔婆、南無阿弥陀仏、旦那などだ

江戸時代のオランダ語やポルトガル語も残っている キセルやパンだ


イギリス・アメリカ人もインド人もたくさん日本に来たわけではない
だったら中国人も同じではないだろうか


膠着語である日本語は外国語の単語をいくらでも取り入れる
しかし文法は変わらないし古事記の昔から敬語も使われている



 ※ ※ ※ ※ ※


日本は縄文時代から現代までずっと東南アジアと同じ民族だと考えれば、古代の水田がマレーシアと共通なのも、宦官や纏足が導入されなかったのも、神社建築がヒンドゥー寺院とにているのも納得できる
国立歴史民族博物館 2

日本に1500年、2000年、3000年前に中国からの集団移民があったとすると今の日本はあり得ないと思う


R0018543s.jpg
2008.10.24 フィリピン バナウェ




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/344-c37a9f59

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR