Entries

神功皇后の三韓征伐

青空文庫おもしろ〜。

今日読んだのはhttp://www.aozora.gr.jp/cards/000255/files/47265_41497.html">「日本上古の硬外交」(国枝 史郎)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000255/files/47265_41497.html

書き出しが
インドネジアン族、インドチャイニース族の集合であるところの熊襲

ですもん。

神功皇后は、その「熊襲が大和朝廷に叛くのは新羅がそそのかしているからだ。だから熊襲を討つより先に新羅を征伐ししよう」と仲哀天皇に進言した。

すなわち、
領土蚕食とか物資獲得とかの侵略的意図の新羅討伐ではなく、大日本国の一部であり大和朝廷の治下にある九州の地を騒がし、熊襲族を煽動して反復常なからしむるものが新羅であり、…(中略)…その邪よこしまの行動を…(中略)…武力を以って御征しあそばした
ということ。


半島と列島の関係は今も昔も変わらないのだから驚く。


ところで国枝氏は新羅討伐の結果、
大陸の文化を朝鮮が媒介して日本へ渡来せしめ日本の文化を促進せしめた

という。
古代の文化は半島経由でやって来たという歴史観は根強い。
江戸時代にはすでに定着していたように思える。けしからんことだ。



兄媛、弟媛、呉織、服織の四人の織女を日本へ送り、機織の業を伝えたことや、阿直岐、王仁の二学者を日本へ渡来せしめ、論語、千字文等を伝え、文字と儒教とを我国へ移植したことや、数千人の朝鮮民族を日本へ帰化せしめ、土木その他の工事に従事せしめたことや、欽明天皇様の御宇に仏教を伝来させて、わが国の文化を頓に大飛躍させた

これらは全て太宰府倭国の文化が畿内倭国へ遷ったことだと考えると辻褄が合う。

・織女
 3世紀の太宰府の倭国は魏に織物を贈っていた(魏志倭人伝)。
 太宰府の倭国は呉と関係が深く、織の技術に新羅は関係ない。

・阿直岐、王仁
 百済記をはじめとする韓国の史書になく、記紀にだけある人物。
 
・論語、千字文
 論語は中国の書物なので新羅は関係ない。
 千字文も新羅は関係ない。
 >南朝・梁 (502–549) の武帝が、文章家として有名な文官の周興嗣 (470–521) に文章を作らせたものである。千字文@Wikipedia

・王仁が文字を伝えたというのは千字文のことであり
 数千人の朝鮮民族を日本へ帰化というのは太宰府から畿内に遷った人のことであり
 その証拠に日本語に半島の言葉は何一つ残っていない。
 中国語や出島にだけいたポルトガル語は残っているのに。




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/337-8c040039

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR