Entries

インド 07(2005.02.12)マドゥライ→ナガルコール

7日目(旅行日程表
その前に6日目 夕方〜夜 マドゥライ ミーナークシ寺院
午前中 マドゥライ ミーナークシ寺院
13:00 マドゥライ → ナガルコール
18:30 ナガルコール ホテルチェックイン
--------------------------------------------------

12日の写真フォルダに11日夕方、宿にチェックインした後のマドゥライ市内やミーナークシ寺院も入っていたので基本時間順に並べていく。

南インドの寺院は昼の12時から4時まで閉まっている。
寺院境内は裸足が基本だ。そしてインドの昼は信じられないくらい熱い。
さらに寺院には石の階段も多い。
私は3日目ティルカリクンドラムで夕方5時過ぎなのに石が熱くて泣いた。
12時から4時、旅行者は宿で休んだり市内を散歩したり移動時間にあてたりする。

メキシコの地方都市で夜9時半頃外に出たら公園で子どもたちが元気に走り回っていたのを思い出した。メキシコも昼間は殺人的な暑さだったので成る程と思った。人は自然に勝てない。


それにしても寺院に電飾が多いのが気になっていた。
旅行者は大概昼間、寺院を訪れるので電飾やロウソクに輝く寺院を知らない。

最終日の夜、空港に向かうバスから夜の寺院を見て驚いた。
神々しかった。ものすごく美しかった。

寺院を中心に10日以上旅して、夜の寺院を見学しなかったのは迂闊だった。
(アレッピーで夜の寺院に行ったけれど、祭りだったので普段の夜に!)




P2110562.jpg P2110561.jpg
11日午後5時、ホテルチェックイン後、ジュースを飲んでミーナークシ寺院へ
左:ジュース屋さんのカレンダー(昔の「ぬりえ」を思い出した)


ミーナークシ寺院 寺院内博物館
P2110563.jpg P2110564.jpg
P2110566.jpg P2110580.jpg
博物館に入るとバネルがそこかしこの芸術品に立てかけてあった。

P2110574.jpg P2110577.jpg
P2110579.jpg P2110573.jpg
P2110582.jpg P2110569.jpg
博物館を堪能して別の門から出る。


■ミーナークシ寺院に隣接するマーケット
P2110567.jpg P2120590.jpg
P2110568.jpg P2110568拡大
寺院を出ると正面に芸術品とマーケットが混在していた。
ウソでしょ。なにこれ。暗くなって写真が取れないので翌朝再訪する。

P2110584.jpg
振り向くとゴープラムにライトが灯った。
夜になればさらに賑やかにライティングされるのかもしれない。

P2110585.jpg P2110586.jpg
左:足踏みミシン(2005年なので今は違うと思う)


12日朝のミーナークシ寺院周辺
P2120602.jpg P2120598.jpg
P2120601.jpg P2120601拡大
P2120597.jpg P2120592.jpg
寺院内部の博物館に遜色ないほどの芸術品のまわりにマーケットと信仰される神様

P2120596.jpg P2120604.jpg
左:マーケットの奥にはフェンスに守られたエリアもあった
右:マーケットとは別の路地を入るとそこでも芸術品が生活に埋もれていた

P2120589.jpg P2120603.jpg



ミーナークシ寺院 寺院内部
P2120610.jpg P2120611.jpg
P2120612.jpg P2120612拡大
P2120621.jpg P2120622.jpg
右:右を見て圧倒され、左を見て圧倒されるなか、お神輿に遭遇。
  日本の神輿と似ていて感動した。
P2120620.jpg P2120616.jpg
P2120613.jpg P2120614.jpg


ミーナークシ寺院境内
P2120626.jpg P2120627.jpg
P2120629.jpg P2120630.jpg




マドゥライ市内
P2120632.jpg
P2120631.jpg P2120633.jpg
土産物屋が眺めがいいからと2階(3階だったかも)に上がらせていただく。
今のデジカメのズームなら広角で全体を撮れるのだが2005年のデジカメなので。
下左:左の背の低い金色の屋根が本殿
   ミーナークシ寺院は16世紀なので本殿より四方のゴープラムはのほうが発達した。
   日本の前方後円墳と同じで興味深い。
   参考:南インドと日本 02「末端肥大症」



P2120634.jpg P2120646.jpg
インドも宗教に寛容
左:キリスト教会  右:モスク

P2120637.jpg P2120608.jpg
P2120636.jpg P2120644.jpg
P2120640.jpg
P2120639.jpg P2120650.jpg

以上、マドゥライは浅草のような下町っぽい印象を持った。

旅半ば。2週間で南インドを陸路で廻るのは無理だとわかった。
18日コーチン発チェンナイ行きの航空券を市内インディアン・エアライン営業所で購入。
5590RS(1RS ≒ 2.6円)

バスターミナルへ。
「トリバンドラムヘ行きたい」
「よし、これに乗れ」

午後1時、バス出発。バスは途中のナガルコール止まりだった。
「これに乗ってナガルコールで乗り換えろ」という事だったようだ。

仕方ない。ナガルコール泊となった。

マドゥライからナガルコールへ
P2120656.jpg P2120655.jpg
P2120657.jpg P2120673.jpg
南に下るに従って明るいインドがさらに明るく感じる。
18:15 ナガルコール着




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/329-4cbf8cbe

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR