Entries

明治政府に正義はあるか

ニートな2ちゃんねらー日記
http://2nnlove.blog114.fc2.com/blog-entry-8097.html">見た目は韓国スゲーに見えるしそれに便乗する日本に本社を置いてるメディアが糞に思えるんだけど。ほんとに、日本と日本人は メディアに殺されるのか?このまま。
http://2nnlove.blog114.fc2.com/blog-entry-8097.html



336 :Trader@Live! :2013/02/13(水) 15:26:45.75 ID:gyr1U+Li
>>276

あの時代、新聞等の分野に流れた人間は、旧幕臣、佐幕藩出身者など、明治維新でいわゆる「負け組」に属することになった連中です。
彼らが、自分たちが安楽に暮していられた江戸時代の幕藩体制をぶっ壊した倒幕派主体の太政官を快く思う筈がありません。
しかも太政官は近代化の名の下、俸禄処分や廃刀令など旧武士階級の特権を奪う政策を次々と断行していきました。

それ以前に、彼ら「負け組」には、太政官が新政府建設にあたり国民の前に提示して見せた「国家としての日本」というものが
理解できていなかったように思われます。
(事実、多くの日本人に西洋的な意味での「国家」「国民」という概念が定着したのは、実に日清戦争が始まる当たりの頃)

彼ら「負け組」の旧武士階級にとって、国とは日本の事ではなく彼らが仕える徳川家や藩の事であり、主君とは天皇ではなく
将軍であり藩主たる殿様であったわけです。当然それらをぶち壊しにした新政府に対し敵対心を募らせることになったのは当然でしょう。
彼らが近代的な意味での「国家」を敵と見做ししているのは、彼らにとって「日本という国」が彼らの既得権益としての幕藩体制
に対する許し難い反乱者であり、あるいは弾圧者でもあったからです。

見方を変えれば、「負け組」の人々は、維新を断行しなければならない程、
日本に列強の侵略という危機が迫っているということが、最後まで理解できなかった人々……とも言う事が出来ます。
(今のマスゴミの中に、世界情勢を包括的に語ることのできる人間がいないのは、
ある意味マスコミ草創期のそうした性格の中で醸成されたマスゴミの「伝統」なのかもしれません)


以後、マスコミは時の政治抗争において「負け組」となった人々の、「怨念の受け皿」としての役割を自ずと科せられるようになります。
維新後の征韓論派しかり、社会主義者しかり、戦後の学生運動に挫折した人々しかり……そうした「敗者の怨念」が累積し、
凝縮された存在が現在のマスメディアの在り方を形作っている様に思いますね。


以上、駄文スマソ。


------------------------------

■コメント

89576 :名無しさん@2ch:2013/02/14(木) 03:29:48 ID:-
>>336

徳川方を馬鹿にしないでほしい。
尊皇攘夷を叫んで幕府を倒したくせに洋服を着て鹿鳴館で踊っていた維新の勝ち組にどんな正義があるというのだ?
豊かな江戸時代を築いた徳川の知識人を馬鹿にしないでほしい。

儒教に酔い王政復古を謳い神仏分離令と廃仏毀釈で寺を壊した明治政府はもっと批判されるべきだと思う。

明治政府が建てた靖国神社は今も本殿に彰義隊や新撰組や西郷隆盛を祀らない。
彰義隊や新撰組や西郷隆盛は世界中の戦死者と共に本殿脇の小さな鎮霊社に奉慰されている。
アメリカ、イギリス、ロシアの戦死者と一緒に祀られているのだ。

そういう明治政府の体質が太平洋戦争の敗戦に繋がっていると考えている。
何を言いたいかというと明治維新は欧米の意向によるのではないかということだ。

坂本龍馬のフリーメイソン説を信じているわけではないが坂本龍馬に限らず取り込み計画はあっただろう?
欧米の意向に沿って行われた倒幕は太平洋戦争の敗戦と繋がっているのではないかと考えている。

トンデモだろうか?


>>336
>>見方を変えれば、「負け組」の人々は、維新を断行しなければならない程、
>>日本に列強の侵略という危機が迫っているということが、最後まで理解できなかった人々……とも言う事が出来ます。


江戸の不思議は水戸藩。
御三家の一つなのに倒幕運動や尊王攘夷の論拠を作ってしまった。
[ 2013/02/14 03:29 ] 名無しさん@2ch /-[ 編集 ]





89580 :名無しさん@2ch:2013/02/14(木) 05:37:55 ID:-
維新志士達のバイブル『新論』を書いたのは水戸藩の会沢正志斎。「負け組」側の人が書いたんだよね。しかも書いたのは黒船が来る28年前。

江戸時代に関して詳しくないから、何とも言えないが幕府が列強の侵略を理解してなかったとは単純に言い切れないと思う。

[ 2013/02/14 05:37 ] 名無しさん@2ch /-[ 編集 ]





89585 :89576:2013/02/14(木) 06:51:46 ID:-
>> 89580
17世紀の幕府は列強の侵略を理解したから鎖国という裏技を使って日本を護ったのだと思う。
19世紀の幕府は列強の侵略と強さを理解し鎖国が叶わぬなら粘り強い交渉をしようとしていたのだと思う。

それを尊皇攘夷だなどと・・・。
儒教は文化文明の癌、共産主義・グローバリズムと似ていると思う。

この件、本論からずれているようで失礼しました。
[ 2013/02/14 06:51 ] 89576 /-[ 編集 ]





89590 :名無しさん@2ch:2013/02/14(木) 08:16:51 ID:-
斉昭が頑迷に描かれてるからなぁ~。斉彬に近いと思うのに。
[ 2013/02/14 08:16 ] 名無しさん@2ch /-[ 編集 ]





89595 :名無しさん@2ch:2013/02/14(木) 09:50:33 ID:-
>坂本龍馬のフリーメイソン説を信じているわけではないが坂本龍馬に限らず取り込み計画はあっただろう

本人は日本統一のためと思ってグラバーから武器を買ったりして利用されてた面はあったと思う。だから連中の思惑を超えて、突然公武合体に動いた途端、新撰組に暗殺された。

むしろほんとに利用されてたのはこういう勤王の志士たちを殺して回ってた新撰組じゃないの。新撰組には裏からお金を渡してた外国勢力があったと思う(たぶん新撰組はお金の出どころは知らなかったはず)。勝海舟が、この連中が江戸や京都で動き回るとやばいので、お金を渡して「奥州へ行って戦ってこい」と言って追いやったそうだけど、それは外国勢力のこの辺の動きを読んでたからで、海舟はやっぱりすごい人だと思う。

[ 2013/02/14 09:50 ] 名無しさん@2ch /-[ 編集 ]






89597 :名無しさん@2ch:2013/02/14(木) 10:28:02 ID:-
>>89576

もともと水戸徳川家は、幕府と朝廷が対立したときに朝廷側に付くためにつくられた分家です。
幕府、朝廷どちらが勝利しても徳川の血筋を残す為の策なので、不思議でもなんでもないですよ。
官位も紀伊、尾張が権大納言だったのに対し、水戸は権中納言なので、少なくとも江戸徳川の血筋が絶えた時に将軍職を継ぐ事を目的とした分家ではないのは確かだと思います。
また、開国後は、幕府何とかせぇって密勅が二度、水戸徳川に対して送られています。
水戸徳川は最初から勤王です。超勤王です。不思議でもなんでもないです。

そんな国内有数の勤王派の家柄であった水戸徳川出身の慶喜が将軍職を継いだ(一橋家に養子&家茂病死のためお鉢が回ってきた)のも欧米の意向だったのかもしれませんね___。



ちなみに個人的な考えですが、あの時代、倒幕佐幕関係なく「海軍と近代兵器ないと他国とドンパチできねぇよwww交渉事すらままならねぇwwwっうぇwww」って事に
気付いて、自分たちでそれを作り始めた人達こそが「勝ち組」なんだと思います。

[ 2013/02/14 10:28 ] 名無しさん@2ch /-[ 編集 ]





89606 :89576:2013/02/14(木) 16:40:59 ID:-
>>89595
欧米は日本の内紛を画策していたのだから当然両方をけしかけていたと思う。
日本人同士が殺しあって弱体化した所で切り分けようとしていたら「大政奉還」ですよ。
日本人の危機回避能力はすごいと思う。勝海舟すごいと思う。


>>89597
>>自分たちでそれを作り始めた人達こそが「勝ち組」なんだと思います。

黒船が来たら早速蒸気機関車を作ったのは幕府でしょ?
その幕府を倒した「勝ち組」に正義はあったか、ということです。

尊皇:徳川幕府は江戸時代を通じて公家文化を庇護していた。
   明治政府は幕府を倒して幕府の立場を横取りしただけ。
   天皇は独裁者にはなれなかった。
攘夷:幕府を倒して鹿鳴館。

成立と同時にスローガンを破棄した明治政府に正義があるとは思えない。

廃仏毀釈で日本人の信仰を壊し、風土を無視した西洋式農業導入で日本の農業を壊した明治政府を批判すべきだと思う。
先に靖国神社のことを書いたけれど、県名と県庁所在地の地名が違う県は幕府方とか、明治政府はやることがネチネチといやらしい・・・。
[ 2013/02/14 16:40 ] 89576 /-[ 編集 ]





89610 :「ど」の字:2013/02/14(木) 18:27:50 ID:/rKlrZ.I
佐幕派も討幕派も、国の将来が念頭にあった。
>>89606さん
 幕府も、明治新政府も、日本の行く末を悩みに悩んでの行動だったと思います。
 いまさら責めるのは止しましょう。彼らはそれなりには成功したのです。

>欧米は日本の内紛を画策していたのだから当然両方をけしかけていたと思う。
 イギリスは新政府側、フランスは幕府側に回って綱引きをしていたようです。
 当時犬猿の仲だったイギリスとフランスに、日本を分け取りする意志の疎通があったとは思えません。
 さらにイギリスに至っては、侵略の常道である分割騒乱の画策から外れ私利私欲を肥やしています。
 欧州は最適戦略を実施していたわけではなく、付け入る隙は十分にありました。
(尤も、その隙をきちんと突けたところが、日本が独立を保てた所以ではありますが)

 自分には、徳川慶喜の将軍職就任は、幕府を「手仕舞い」するための行動ではないかと考えています。
 幕府はその気になれば、倒幕派を根絶やしにするチャンスが何度もありました。
 国を二つに割って戦い続ける選択肢も、追い詰められてなお北海道で存続することも可能でした。
 しかし、徳川慶喜はそれをせず、幕府を静かに閉じることを選択したのです。

 およそ世界史上数ある政変で、明治維新ほど国のサイズに比較して犠牲の少なかった政変はありません。
 佐幕派も討幕派も、出来るだけ犠牲を出さず国力を保つことを念頭に置いて争っていたと考えています。
(暴走による惨い仕打ちはあちこちでありましたが……)

[ 2013/02/14 18:27 ] 「ど」の字 //rKlrZ.I[ 編集 ]





89613 :89576:2013/02/14(木) 19:41:58 ID:-
>>「ど」の字さん
了解です。

発端となった>>336 さんが「旧幕臣、佐幕藩出身者」の実名を示していないことに今更ながら気づきました。
[ 2013/02/14 19:41 ] 89576 /-[ 編集 ]





89614 :ななしさん:2013/02/14(木) 19:43:18 ID:-
こと開国においては、攘夷論より幕府側の言い分が正しかったのが事実だ。
そして両勢力とも、外国を引き入れて戦えば結局は日本を失うと云うことをきちんと理解していた。
だが、幕府には日本を纏めるだけの力がもはや無く、それを知るだけの知恵があった。
その結果が大政奉還であり、明治新政府だったわけで、当時の人々はすべてが賢くうまくやったと思っています。

これは世界史でも稀有な結果であり、たとえばバカな隣の国を見れば、外国勢力を引き入れての政争に国が滅ぶまであけくれました。幕府側の方がどちらかといえば維新勢力より賢かったんだと私は思いますね。

首がなくなるのを承知で将来の日本のために政権を禅譲することのいかに難しいことか。

[ 2013/02/14 19:43 ] ななしさん /-[ 編集 ]





89620 :名無しさん@2ch:2013/02/14(木) 21:42:41 ID:hoVQt/.c
オカな与太話だけど、江戸の鬼門にあたる水戸から将軍が出ると幕府オワタになるってのがあったらしい
それをみな理解した上で、と仮定すると薩摩の慶喜推しや将軍就任がまた違って見えてくる件

[ 2013/02/14 21:42 ] 名無しさん@2ch /hoVQt/.c[ 編集 ]






89626 : :2013/02/14(木) 22:32:04 ID:-
司馬史観ってのは罪が重いなあ。
幕末はなんでも龍馬。
 
江川坦庵先生みたいに、鳥居の暴挙から、なんとか知識人を守ろうとした人も幕府側にはいたんだよね。
海防の重要性を訴え、蘭学者や高島秋帆みたいな西洋砲術の技術者を国防に生かそうとした人。

水戸学は朱瞬水
柳川の安藤省庵からずっと援助にすがって生きてきた、みっともない朱を大事に招き入れて水戸学なんてやってるんだもん。
省庵なんて、朱を食わす為に自分が栄養失調になってたりしてるんだよ。しかも指導は手紙のやりとりのみ。本人は満足だったそうだけど、
援助してくれる側が貧困の極致にあって、援助を受け続けるって日本人の発想にはないなあ、と思う。
そんな朱さんも水戸に就職できて、お金を返そうとはしたらしいけどね。安藤側が固辞したら、返却のアクションはさっさと引っ込めてしまったよう。
右側のはずなのに、奇妙にシナやチョンを愛する人達の流れってここからだろうなって思う。


[ 2013/02/14 22:32 ]   /-[ 編集 ]





89636 :名無しさん@2ch:2013/02/14(木) 23:52:09 ID:-
「風雲児たち」は面白かった。おすすめ。
[ 2013/02/14 23:52 ] 名無しさん@2ch /-[ 編集 ]





89640 :名無しさん@2ch:2013/02/15(金) 00:28:32 ID:-
高橋是清も賊軍の仙台藩だったよね
日本人を「勝ち組」「負け組」に分けて煽るのはマスゴミでよく見る手法のような…
さて得をするのは誰なんだろうかw

[ 2013/02/15 00:28 ] 名無しさん@2ch /-[ 編集 ]





------------------------------

以上、コメントにレスいただき勉強になったのでここにコピペ。
水戸学に支那の亡命者が関係していたのは知らなかった。

水戸学に支那人、高山彦九郎に朝鮮人・・・。

 →靖国神社
  【百済伝説09】尊王志士 高山彦九郎_1




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/299-e6488265

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR