Entries

若者宿と司馬遼太郎

172 名前: 投稿日: 02/03/15 17:31 ID:0UtqyZFy
似てるかなあ?

若衆制 ーーー 若衆組、若者組、若連中等とも呼ばれ、時に若衆宿、あるいは単に『やど』ともよばれた。村落における若衆制は、ポリネシア、メラネシア、インドネシアなど太平洋諸島全円に広く存在しているもので中国、朝鮮には存在しない若衆達はムラの祭礼を執行する一方、自分の集落の娘たちについては自分たちで彼女らを支配していると思っていた。一種の神聖意識というべき感覚で、他村の若衆がムラに忍んでくるのを許さなかった。かれらは、夜中、気に入ったムラの娘の家の雨戸を開け、ひそかに通じる。一人の娘に複数の若衆が通(かよ)ってくる場合がしばしばあったが、もし彼女が妊娠した場合、娘の側に、父親はだれだと指名する権利があった。娘に名指しされれば、たとえ出来心であっても若衆は決して逃げることをせず、これと結婚した。生まれた子が、ときに他の若衆の顔に似ていることもあったが、問題がおこることはなかった。その集落で生まれた子は共同体の子だという気分があって、そういう気分も、たぶんに血縁集団である集落結束の暗黙の要素になっていたようである。この制は、明治以後大いにすたれた。若衆組に加入(やど入り、組入り、若者入り)するのは十五歳前後で、妻帯すると、ふつう脱会する。加入の時は、ムラのオトナ制に属する人の紹介が要る。加入には儀式があり、上座に若衆頭が着座し、左右に世話役がすわり、ついで年齢順に、若衆達が居並ぶなかで、さまざまな宣誓をする。加入すれば、夜は宿で仲間とともに寝るのである。

ーーー 司馬遼太郎著 - この国のかたち・ - 、文藝春秋






以上、随分前にコピペした資料。
若者宿が東南アジアと共通の風習なのは周知のことだ。

インドシナ モイ族の若者宿(大林太良 1965/一橋論叢)
東南アジアに広く分布している社会制度のうち、 村落生活において重要な機能を果たしており、 かつこの地域における歴史民族学にも興味深い問題を提出しているものの一つに若者宿がある。
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/2967/1/ronso0540200800.pdf





ところが今、Wikipediaに「若者宿」の項がない。

似た項目「若者組」でイスラム社会の風習に触れているがここにも東南アジアの記述はない。
Wikipediaはすごい勢いでバイアスをかけているのかもしれない。
 参考:若者組@Wikipedia





それどころか「若者宿」を検索してとんでもない話が引っかかった。

危機と日本人(22)若者宿といじめ
司馬遼太郎が強い関心 山折哲雄
2012/7/29付 日本経済新聞 朝刊
・・・島の若者宿(若衆宿)で徹底的ないじめにあう場面からこの小説ははじまる。・・・若者宿というのは、そもそも中国や朝鮮半島には存在しないものだった。が、太平洋に散在するポリネシア民族(ハワイ、サモア、トンガなどの住民)には、いまもその風習が濃厚にみられる。かれらは古代において太平洋の島から島へ航海して移動し、その活動と風習が日本の諸島に及んだのではないか。・・・
https://www.evernote.com/shard/s208/sh/1714777e-a118-4dbf-bf8a-fbe104e7763d/e83d289f9f0cac0ecf5303514e5a57f7/res/f5197a2d-d036-4de3-acc8-e6b74a621940/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%8C%E6%B8%88%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%80%80%E5%8D%B0%E5%88%B7%E7%94%BB%E9%9D%A2.pdf


あのね。中国や朝鮮半島のほうがいじめは酷いんじゃないの?
司馬遼太郎はポリネシアに「徹底的ないじめ」があると言いたいのだろうか。

正気の沙汰とは思えない。



若者宿は東南アジアと日本に共通して、中国朝鮮にないのだから日本人は東南アジアと同じ海洋民族だ。というつもりだったのに司馬遼太郎はエゲツナイという思いのほうが強くなってしまった。


0717_IMGP8026.jpg
ベトナム ダナン博物館にあった写真
 →英国&越南 19〔2012.07.17〜18〕ダナン/チャム彫刻博物館〜帰国



.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/298-c93e50f0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR