Entries

日本の食料自給率

統計は基準を変えることで違う結果が得られる。
しかしまあ、こまけぇこたぁいいんだよ!!


国籍不明者が100万人以上もいる国だからどうにもならない。
気を取り直して食料自給率を考える。




■日本の総人口:1億2786万7994人(外国人も含む)
    世帯数:0億4906万3000人(うち単独世帯 1445万7000)


経済構成別の世帯数(総務省統計局/2005年)
 農林漁業就業者世帯          0082万3000
 農林漁業・非農林漁業就業者混合世帯  0108万8000
 非農林漁業就業者世帯         3470万6000
 非就業者世帯             0976万7000
 分類不能の世帯            0040万


以上は世帯@Wikipediaによる。

「経済構成別の世帯数」を合計すると4678万4000世帯となる。
Wikipediaの同じページなのに「日本の総世帯数」と227万9000も数が合わない。

これは2010年の「施設等の世帯人員が251万1749人」にあたるのだうか。
227.9万世帯(総世帯数の4.6%)が宙に浮いてしまったけれど、まあいい。


食料生産にかかわる「農林漁業就業者世帯」と「農林漁業・非農林漁業就業者混合世帯」の合計は191万1000世帯。
総世帯数の3.89%(あるいは4.08%)が食料生産に従事していることになる。



 * * * * *



別のデータから検証してみる。

■農林水産省
組織・政策 > 統計情報 >http://www.maff.go.jp/j/tokei/sihyo/index.html"> 農林水産基本データ集
http://www.maff.go.jp/j/tokei/sihyo/index.html

農林水産基本データ集によると平成23年度の食料自給率 は
カロリーベースで39% 、生産額ベースで、66%とある。

農家人口はいろんな数字がある中から一番多い616万人を採用する。
漁業就業者数は17.8万人とあるから合わせて634万人。

農業・漁業に従事する人口の対総人口比は5%、うち65歳以上が35%。
農業・漁業に従事する65歳以下が3.25%、65歳以上が1.75%ということになる。



ちなみに総務省の世帯数からみた農業・漁業に従事する人口の対総人口比は3.8%なので2割以上も違うが・・・まあ、こまけぇこたぁいいんだよ!!


総務省の
統計データ > 日本統計年鑑 > http://www.stat.go.jp/data/nenkan/07.htm">第7章 農林水産業
http://www.stat.go.jp/data/nenkan/07.htm

http://www.stat.go.jp/data/nenkan/zuhyou/y0761000.xls">7 -61 総合食料自給率(エクセル:21KB)
http://www.stat.go.jp/data/nenkan/zuhyou/y0761000.xls

をみると、2010年の供給熱量自給率は39%とあり、農林水産省の数値と等しい。



 * * * * *



高齢者の多い5%の農家が39%の食料を供給しているのが分かった。


さて、私の生家は果実農家だ。
農家なので野菜はある程度作っているが出荷していない。
米・小麦・肉・魚は100%購入している。
だから農家だけれど食料自給率は10%以下になる。


米生産農家はどうだろう。
肉・魚は100%購入し、パンやうどんも食べるだろう。
野菜を作っていても食料自給率は20%に届かないのではないだろうか。



調べ方が下手なのか探しているうちに夜が明けてしまった。

耕地種類別円グラフ

食料自給率39%

耕地面積

以上3点とも農林水産省のサイト内のデータだ。

こまけえことはいいのだけれど農業従業人口が倍も違うと気になる。
一番下の「耕地面積、農業就業人口等の推移」の表を見ると
2005年の総農家数は285万戸でWikipediaの191万世帯と大きく違う。
さらに農業従業人口が335万人というのだから616万人と倍近く違う。
この表からは農業従業人口は日本人の2.7%にしかならない。
65歳以上を多く含む2.7%の農業従事者が39%の自給率を維持しているのかもしれない。


まあ、繰り返しになるが農林水産基本データ集の同じ表の中に
農業就業人口 251万人と
農家人口   616万人が並んでいるのだから仕方ない。

農家の定義が曖昧なのだろう。
農家の定義は曖昧でも食料自給率39%は確かな数字らしい。




「高齢者を含む5%あるいは2.7%の農家が39%の食料を作っている」と言い換える。


日本の農家はすごいと思う。
日本の土地もすごいと思う。

1戸当りの耕地面積がアメリカの1/99、EUの1/9であるにもかかわらず、米は94%、食料全体でも39%を供給している。


さらに。
61%を輸入しているわけだが実際は嗜好品が多いのだから、不慮の事態があった場合は国内でやりくりできるはずだ。

備蓄米は1.5ヶ月分しかないというが、日本の土地は豊かだ。
蕎麦は種を蒔いて3ヶ月で収穫できる。
芋類も早い。水稲は陸稲に転化できる。

昨今は野菜や大豆製品を国産に拘る人が増えてきた。
当然だ。太平洋を船で運ばれたアメリカのブロッコリーが国産ブロッコリーの半額近いのは解せない。

中国産など言わずもがなだ。



そんなわけで日本の食糧事情は安泰だと考えている。
日本の主食は米じゃないしね。
 →日本人の主食は米か?


細かい数字にこだわってあちこち電話した割にズボラな〆になってしまった。




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/296-46354f3c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR