Entries

「古代日本の鉄と社会」

前回の続き

尾崎前山遺跡製鉄炉跡の放射性炭素(C14)測定の分析の値「紀元前170年」は今、地元でどう解釈されているだろう。

八千代町歴史民俗資料館に電話して聞いてみた。

http://www1.town.yachiyo.ibaraki.jp/sisetsu/rekishi/index.html">八千代町歴史民俗資料館
http://www1.town.yachiyo.ibaraki.jp/sisetsu/rekishi/index.html


まず、放射性炭素 (C14)測定について書かれている書籍を教えていただいた。
「古代日本の鉄と社会」(東京工業大学製鉄史研究会 平凡社選書78 1982年)

「確かにC14法で紀元前170年の値は出たけれど、炉付近の土師器は9世紀のものであり、現実的ではないと考えている。最近は周辺の製鉄遺構の研究も進み、尾崎前山遺跡製鉄炉跡も9世紀ではなく8世紀に遡る可能性も出て来た。」とのこと。


いろいろ素人の質問に丁寧に噛み砕いて説明していただいた。
資料館の担当の方、ありがとうございました。


最寄の図書館を検索すると閉架書籍としてあったので、借りて該当するP65〜72をスキャンした。

鉄-1s ←P65

P66-67  P68-69  P70-71  P72

------------------------------
第一章 製鉄遺構の年代  阿久津 久

…尾崎前山遺跡ではC14法と、熱ルミネッセンス法による測定を他の研究機関に依頼している。C14法は学習院大学木越邦彦氏に木炭置き場から出土した木炭を試料として依頼し、五五二〇年を半減期として、BP2120±110,BC170との回答を得た。しかしこの年代は、縄文時代晩期に当たり、製鉄遺構の時期に合わない。熱ルミネッセンスについてはまだ報告がない。…
…(中略)…
…結論的にいうと、土器からみた尾崎前山遺跡の年代は、九世紀中法から後半としておきたい。

------------------------------


C14法は追試してないという。ぜひ追試してほしい。
また結果が出ていないと言う熱ルミネッセンス法はどうだったのだろう。


C14法を追試して再び紀元前170年の結果が出たとして、何か拙いことでもあるだろうか。

ないだろう?

古代日本が輝いていてどんな不都合があるのだろう。





本は読んでいる途中だけれど、P176〜177。
------------------------------
皇極元年(六四二)四月一八日条の、蘇我大臣蝦夷が百済の使者を畝傍の家によび、良馬一匹と鉄二〇廷を与えている…(中略)…斉明六年(六六〇)の安倍臣の粛慎遠征の記述では、綵帛とともに兵鉄が贈答品として使われている
------------------------------



うは。私の妄想古代史がはばたいてしまう。


■はばたいた1
私の歴史観では7世紀まで九州太宰府に大和国(天皇家)が、畿内には蘇我王国があった。
 →九州系倭人による東日本統一
  斉明天皇は九州へ出兵したのだろうか


太宰府の天皇家と畿内の蘇我家は姻戚関係で結ばれている。

その畿内蘇我王国へ常陸の中臣鎌足が鉄を持って出向した。
あるいは蘇我の故国である出雲国が九州の大陸型製鉄と常陸の南回り製鉄を組み合わせてタタラ製鉄を発明した。

この辺ちょっと決めかねるけれど。

どっちにしても鉄を手に入れた蘇我は超うれしい。
太宰府の使者に鉄二〇廷あげたりしている。ちょっとイヤみ?

あ、日本書紀にある「百済」は「太宰府」をさすことが多い。自説では。
理由を詳しく書きたいけれど、そうするとこの項が進まないので別項で。


といいながら少し書くと。
蘇我氏の上に天皇がいたなら百済の使者を蘇我氏の私邸に呼んで物与えたら拙いだろう?
天皇の指示で与えたなら「天皇が与えた」と書くだろう?





■はばたいた2
国引き神話の比定地を西から順に1.韓国の慶州 2.北朝鮮の咸興 3.ロシアのウラジオストック 4.能登半島の珠洲だと考えている。
 →国引き神話

国引き神話

慶州と珠洲は定説だけれど、咸興とかウラジオストックとか聞かない。
自分としては自信がある。




そしたら粛慎ですよ。ウィキによると日本は粛慎を従えてますよ。

斉明朝に3回粛慎討伐し、持統朝に粛慎人に官位を与えている。
粛慎@wikipedia

Map_of_The_east_barbarian_0.jpg
紀元前1世紀頃の東夷諸国と粛慎の位置(wikipediaより引用)


古代日本人が咸興とかウラジオストックに行ってもいいじゃない。
日本人は南回りの海洋民族なのだから。
 →古墳に残る帆船壁画
  日本人の来た道 05 東南アジアとの類似





.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/275-d015f207

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR