Entries

ガラスと土器と鉄

黒曜石も硬玉もケイ素? 火山帯? ガラス系? セラミック?

え? セラミック? 焼き物? 土器?

鉄も焼くというか融かすんだけれど・・・


という前回(古代ガラス_3)の続き。





ガラス@wikipediaを起点としてリンクを漂ってみる。
(今回メモなのでwikipediaからの引用文は文字色を変えてない)







ガラスケイ酸塩を主成分とする硬く透明な物質
     ↓
    ケイ素原子をもつ化合物
     ↓
    原子番号14、元素記号は Si。「珪素・硅素・シリコン」
    シダ植物・イネ科植物などに二酸化ケイ素として含まれる。
                    ↓
                   「石英(水晶)・珪砂・珪石」
                    ↓
    二酸化ケイ素 (SiO2) が結晶してできた鉱物。
    六角柱状のきれいな自形結晶をなすことが多い。
    無色透明なものを水晶と呼ぶ。
    石英を成分とする砂が珪砂、石英を主体とした鉱石が珪石。


ガラスの特徴:酸には強いがアルカリに弱い。
              ↓
       アラビア語の語源は「植物の灰」。


天然ガラス:黒曜石など


 * * * * *

さて。
黒曜石は火山が噴火してガラス質のマグマが固まったもの。
ガラスは陶磁器の製造中、土に含まれる石英(珪砂)が灰の働きで?
    レンガの製造中、土に含まれる石英(珪砂)が灰の働きでタイルに?
     ↓
    日干レンガは6000年前から
    焼成レンガは5000年前から=ガラスも5000年前から


陶磁器
土器:釉薬をかけない素焼きのやきもの。
   窯を使わず、野焼きで700~900℃の温度で焼成

陶器:釉薬(=ガラス質)を用い、窯で1100~1300℃の温度で焼成

磁器:石英でできた陶土を1300℃程度で焼成


日本は朝鮮半島で鉄を作っていたため、須恵器(陶質土器・炻器)は伽耶で始まった。
鉄を作る際の高温の窯が土器から須恵器への移行を促したのだと思う。



 * * * * *


カリガラスの作り方:植物の灰を砂の二酸化ケイ素と融解させる

参考:http://www.ntv.co.jp/dash/tetsuwan_new/past/2000/0723.html">DASH村 僕らの力で夏の風物詩DASH風鈴は作れるか!?
   http://www.ntv.co.jp/dash/tetsuwan_new/past/2000/0723.html
   >ススキは燃やしただけでガラス化するのだ!



・・・同じような話があった。



鉄と葦で教えていただいたブログ「ひもろぎ逍遥」lunaburaさんの
http://lunabura.exblog.jp/i30/">古代鉄の謎 ホの一族とはスズ鉄の一族だった?
http://lunabura.exblog.jp/i30/
>光さん「昔は、スズ鉄と言ってね、葦の根を焼いて精製して、
     鉄を作りよった
と。」
 …(中略)…
「それから、青銅の時代になったと。そのあと、砂鉄の時代になった。
韓国の伽耶(かや)から出雲族が持ってきたのがそれたい。




lunaburaさんのおすすめに従って「葦 スズ鉄」で検索すると・・・
いろいろ勉強になる。

参考:餅鉄@wikipedia
   鉄バクテリア@wikipedia




葦が鉄分を持っている訳ではなく、鉄分が多い沼に葦が茂るらしいが

葦を燃やせば鉄が出来、
ススキを燃やせばガラスが出来るんだなあ・・・



土器はガラス質の土(陶土)を使う。

その土器で塩を作った。


土器で煮る前は藻で濃度アップした。
葦が鉄分を濃度アップしたのに似ている?

こーいうのは我田引水?
うん。こーまでいうと我田引水。



なにしろこれからは東北だ。
結界は解けた。蘇れ、東北。

http://www.youtube.com/watch?v=ZWaIm7ri24Q">【MAD】勇者&ガンダム&etc GONG鳴らせ!!
http://www.youtube.com/watch?v=ZWaIm7ri24Q




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/270-4bf1b9f2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR