Entries

【伊藤貫】11.4アメリカの自滅と日本の自殺【西部ゼミ】

http://www.youtube.com/watch?v=TWArLmqdex8&feature=channel&list=UL">西部邁ゼミナール
【伊藤貫】11.4アメリカの自滅と日本の自殺【西部ゼミ】②/3
http://www.youtube.com/watch?v=TWArLmqdex8&feature=channel&list=UL

〔要旨〕
西部邁:
アメリカの歴史的特性として自分に敵対する国を悪魔化(悪魔視)する。
アメリカは多民族国家ではあるけれど、実は今も建国当時のピューリタニズムが残っているのではないか。

伊藤貫:
ピューリタニズムは17世紀の新興宗教だ。
新興宗教というものは「話を作るのがうまい」という特徴がある。

メイフラワー号でやって来たイギリス人は
「自分たちは特別なのだ。自分たちに逆らうヤツは神に背いている悪いヤツだ。」と思っていた。
そして北部でインディアンを虐殺した。

この姿勢は今のアメリカ外交に繫がっている。

(後に南部にやって来たアングリカン(英国国教会)たちは普通だった。)



http://www.youtube.com/watch?v=mtAVWjWDNCM&feature=relmfu">【伊藤貫】11.4アメリカの自滅と日本の自殺【西部ゼミ】③/3
http://www.youtube.com/watch?v=mtAVWjWDNCM&feature=relmfu

1945年にアメリカの世界支配体制が出来た。
そのときアメリカの経済力(GDP)は世界の50%あった。
1950年代、アイゼンハワーの時40%。
1971年、ニクソンショックの時30%。
ブッシュの息子の時20%、今は18%だ。

1945年の時、アメリカがユーラシア大陸を支配するのは現実的だった。
それを借金国になった今も続けようとしている。


今、アメリカの軍事費は世界の45%だ。
加えてスパイ関係費だけで850億ドル(自衛隊の2倍)使っている。

さらに国防費に1000億ドル。
アメリカは世界の安全補償関係費の60%を占めている。


アメリカは今、毎年借金しているのに世界支配を続けようとしている。

ドルが国際基軸通貨になっているからドルを刷って持ちこたえているが
この状態がいつまでも続く訳が無い。


このアメリカを助けられるのは日本だけではないか。
・日本はアメリカに守ってもらうためにアメリカを助ける。
・そして日本人はアメリカに命令されると盲目的に従う気質をもっている。


日本人には支配者に盲従する遺伝子があるのではないか。
かつてはあった武士道は大東亜戦争で死んでしまったのではないか。


--------------------------------------------------
以上。

アメリカの現状についてはよく理解できた。
しかし、日本人に対しての批判は違うのではないか。


日本人に武士道が無くなったなどとんでもない。
サッカーに限らずどんなスポーツも世界を相手に正々堂々戦っているじゃないか。


日本人が支配者に忠実なのには訳がある。


日本列島には虐殺の系譜が無い。
例外はアメリカによる原爆と日本大空襲であり、日本列島から出た日本人が中国や朝鮮で虐殺されたことだ。(追加:元寇の虐殺)

縄文時代、いや旧石器時代から日本列島に日本人同士の虐殺は無い。
武器の少ない社会


今、日本人は怒りをためている。




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/265-b047e1ff

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR