Entries

遺跡の規模と数

古いデータで恐縮ですが

朝鮮半島の考古学」(早乙女雅博/同成社/2000年/p32)によると、
> 新石器時代の遺構は半島全体で1995年までに405カ所。
> うち、貝塚が122カ所。住居址26カ所。

だそうです。

一方、
日本の縄文時代の遺跡総数は約10万カ所。(小学館百科全書)
弥生時代、古墳時代の遺跡も全国くまなくあります。
平成13年の文化庁調べで古墳の数だけで16万基だそうです。


発掘状況に違いはあるでしょうが、その差は歴然です。
遺跡の規模も比べ物になりません。


弊ブログ武器の少ない社会に「三内丸山遺跡とか桜町遺跡とか世界的な巨大遺跡」
と書きました。

具体的には↓
> …いまイスラエルでいちばん大きいハツオール遺跡がだいたい45haです。45といえば、中近東では非常に大きい。ところが、壱岐の原の辻は最近の調査では100haです。吉野ヶ里がだいたい40haぐらいですからね。<
(古代史の論点3 都市と工業と流通 /小学館/1998年/P8)


弥生時代の妻木晩田遺跡が156ha、
縄文の桜町遺跡が60ha、三内丸山遺跡が38ha
…です。

こういう知って嬉しくなるようなことは日本の教科書に書いてありませんけれど。



追記
2010年の集計によると、日本列島の旧石器時代遺跡だけで10150遺跡だそうです。
とても分かり難く書いてありました。

現在の縄文時代の遺跡総数を知りたくてもどこに書いてあるのか見つかりません。

長野県の遺跡数が
>時代別に示すと、旧石器時代330、縄文時代7970、弥生時代2099、古墳時代884、奈良・平安時代3206、中近世(鎌倉~江戸時代)約1000<
だそうですから旧石器時代の20倍とすると全国では20万カ所ぐらいに増えたのでしょうか。

学界にはデータを分かりやすく公表してほしいです。



.


関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/26-9c0b1f9d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR