Entries

「縄文人≠弥生人」と思う人へ

日本の文化を分断し矮小化する手段のひとつが「縄文人≠弥生人」だと考えている。
にもかかわらず大多数が「縄文人≠弥生人」と思い込んでいる。

「縄文人≠弥生人」の根拠になっていそうなものを否定してみた。
他にもあるだろうか?


■縄文人と弥生人は体型が違う
→縄文人と弥生人の違いは江戸人と平成人の違いに及ばない。


■日本人のDNAは長江流域の少数民族と近い
→DNAが近いことは日本人が長江流域から来た理由にならない。

日本人と長江流域の少数民族はインドシナ半島経由の兄弟だと考えている。
チベット民族やモンゴル民族も同じだ。

中国の少数民族や周辺国がDNAだけでなく言語や風習も似ているのは当然のことだ。


■縄文人はバイカル湖あたりから南下して来た
なぜならバイカル湖近くのマリタ遺跡に縄文時代と共通する石器文化があるからだという。
→共通する石器文化があるのは当然だ。
インドシナ半島経由で長江をさかのぼり三星堆に辿り着いた人々がいたようにアムール川をさかのぼった人々がいたということだ。


■縄文人は海洋民族でも弥生人はモンゴル人と同じ遊牧民だ
■縄文人は海洋民族でも弥生人は長江流域から来た農耕民だ
→遊牧と農耕が始まったのは1万数千年前というが、数万年前からアジア各地に人は住んでいた。
海洋民族も陸に上がれば遊牧や農耕をせざるを得ないではないか。


■弥生時代に人口が増えた
→稲作による人口増加は明治以降の人口増加に及ばない。

縄文・弥生時代の人口については竪穴建物址から割り出した人口推計が間違っている。

縄文時代から住居は高床だった。縁の下をもつ現代の住居と同じだ。
高床住居は東南アジアの多くの民族と共通しているし、遺跡として残り難い。

参考:弥生時代の人口(1)
   弥生時代の人口(2)


古代日本の人口推計は「縄文人≠弥生人」と同じく日本の文化を分断し矮小化する手段「大量の渡来人がいた」に使われている。




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/258-1a81d4dc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR