Entries

日本人の来た道 05 東南アジアとの類似

■探検家の関野氏が日本人のルーツをインドネシアに求めて航海実験を行った。
世界中を歩いている関野氏がインドネシアと日本は似ていると思ったからだ。

参考:グレートジャーニー@wikipedia
   グレートジャーニー@BSフジ


インドネシアと日本は本当に似ている。
納豆のようなテンペ、村の様子、表情や仕草も似ていて共に敬語社会だ。

参考:テンペ@wikipedia
   ジャワ語@wikipedia



石野IMGP8794

■「考古学者石野博信のアジア民族建築見てある記」(小学館/2004年)には石野氏が東南アジアを訪れた時の驚きが綴られている。

第一章は「正倉院の源流を求めて」ロシア・韓国・北朝鮮・貴州・雲南省・四川省・台湾を訪ねるも正倉院とは違うという。

第二章の「海洋民をめぐる旅」ベトナム・フィリピン・インドネシア・パプアニューギニアでボルテージが上がる。
その実例を引用する。

□マニラ、国立博物館(P102)
…いきなり土製の鶏頭が目についた。…唐古・鍵遺跡の弥生前期の土製鶏頭とよく似ている。
…沖縄の宮古島や鹿児島に類例のある丸ノミ状石斧、木棺など、…山陰の土製支脚とそっくりの器台…
…舟形木製品…静岡県登呂遺跡の板校倉の校木と同様…(まだあるが以下略)

□民族博物館、そして帰国(P114)
…(博物館にある民家の)高倉は、基本的には奄美大島と同じで…奈良県鎌田遺跡の五世紀の綾杉文板壁の類例がこんな近くにあった。…
…石壁民家の模型と写真が沖縄民家と似ていて…

□棺を積み重ねる人々と木偶(P125)
…千葉県大寺山洞穴遺跡の積み重ねられた舟葬(六世紀)と同じ思想だ。…先に触れたラオアグ国立博物館の人物像は、弥生の木偶とよく似ている。中でも滋賀県大中の湖南遺跡の木偶とは瓜二つ。なぜ、これほどまで似るのだろう。

□フィリピン最北端の石壁の家(P127)
…山口県土井ヶ浜遺跡や島根県古浦砂丘遺跡など、日本列島各地の海浜の墓地遺跡と共通する立地である。

□スンバ島ワインターバル村(P133)
…豚の下顎骨…日本の弥生時代にも、これと同じ二種類の猪の下顎骨が、奈良県の唐古・鍵遺跡などで一括出土している。
…ワインターバル村の墓のほとんどは支石墓である。…朝鮮半島南部や北部九州に多い、いわゆる碁盤型支石墓である。…
…ワインターバル村とタルン村の大きな屋根を見上げていると、時々、棟上に木鳥、木偶、木刀などを見かける。…唐古・鍵遺跡の弥生中期の絵画土器の楼閣に見る屋根や…

□建物群の柵囲いは豚囲いだった(P140)
…弥生時代の囲柵屋敷は主として豚対策の施設であり、三世紀以降には権力者の居館に伴う施設と、二種類の柵囲いが併存した…

□弥生・古墳時代の竪穴には高床建物も建っていた(P141)
…床束…弥生・古墳時代の竪穴建物の柱穴配置に類似例があるパプア・ニューギニアの高床建物と同じだ…スンバ島で同じ技術を確認し、それが中国の雲南省と貴州省、両省の建築技術にないとすれば、同一技術の分布と系譜を追及する歴史的理由が出てきたように思う。
 柳田國男の「海上の道」は、より濃厚に存在したかもしれない。

□カミを象徴する椅子と蓋(P143)
 バリ島…ヒンズーの祠のほとんどは椅子型であり、蓋をさしかけるか、前面に立てる。…群馬県赤堀茶臼山古墳の椅子形埴輪…奈良県佐紀陵山古墳の蓋型埴輪もまた、カミのシンボルにふさわしい。…
宮崎県西都原遺跡…子持家型埴輪…インドネシアの民家の出入り口の板が参考になる。…

(P155)…(パプア・ニューギニアの)ある家では、棚の下に径約八〇センチの皿のような土器の炉を置き、薫製をつくっていた。四~五世紀の京都府北部(丹後地方)や滋賀県の穴屋に、壁ぎわの竃か ら壁に沿って床下を這う「オンドル状遺構」がある。オンドルにしては一部の床暖房にしかならないので、不思議だと思っていた。オンドルの上にいくつか小穴 をあけて煙を上に出せば薫製が出来る。




■わたしは日本の考古学会は反日的だと何度も書いている。

実際、参加した考古学シンポジウムで若い講師が『縄文時代を「素晴らしい縄文時代」などと教えるのは右翼的だ』と言い放ったのを聞いた。(考古学シンポジウムに参加して
東京大大学院教授である早乙女雅博氏は韓国に都合の悪いことは書かない。(論より証拠


しかし石野氏のように真面目な学者も60過ぎて初めて東南アジアに行くまで「日本の文化文明は中国朝鮮半島からやって来たはずだ」と考えていたのだ。

桜討論より藤井聡氏の冒頭スピーチ書き起こし」にも書いたが石野氏は同書(P98)で
>○○さんは日本(考古学)を逃げて外国(考古学)に走った」という話を先輩から聞いたことがある。<
と書いている。

日本の考古学会がヘンだと気付いた学者は外国へ「逃げる」しかないとしたらバカな話だ。
不思議で仕方ない。


日本人の来た道 01
日本人の来た道 02 中国はヨーロッパと似ている
日本人の来た道 03 中国の周辺国
日本人の来た道 04 馬車は陸の船だった
.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/257-b7d438de

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR