Entries

英国&越南 12〔2012.07.10〕ソールズベリ

12日目旅行日程表
雨のち晴れ
08:40 スウィンドン発→(バス)→11:00 ソールズベリ着
12:20 ソールズベリ&南ウィルトシャー博物館 〜13:00
14:10 ストーンヘンジ(@wikipedia日本語)(@wikipedia英語)〜15:30
--------------------------------------------------

さて、昨日のバスの運行の件。
泣き寝入りは嫌なので、スウィンドンバスターミナルのインフォメーションで報告すると、聞き終わった後「分かった。しかし会社が違うからどうにもならない」とかわされた。
インフォメーションなのに。でもまあ伝えたから良しとしよう。

0710_IMGP6092.jpg 0710_IMGP6169.jpg
左:スウィンドンバス停
  7月なのに寒い。この日に限らずダウンコートが珍しくなかった。
右:ソールズベリへの車窓から。観光地っぽい村をいくつも通った



0710_IMGP6157.jpg 0710_IMGP6159.jpg
バスから見えた円墳群と石柱(たぶんこれも古墳)

11時にソールズベリのバスターミナル着。
まず地球の歩き方にある宿にいくと満室だった。インフォメーションセンターに戻り、何カ所か電話してもらったが£50〜70の宿は全て満室。しかし安い宿に泊まりたいなら(本当は扱っていないしお勧めしないが)ここに行ってみろ。あるかもしれない。と、鉃道駅前の安宿CATを教えてくれた。ありがとう。

0710_IMGP6334.jpg 0710_IMGP6354.jpg
行ってみると1階がパブで私の部屋は2階、バストイレは共同。£25とのこと。
部屋はきれいではないが宿の人は親切だった。早速荷物を置いて博物館へ向かう。


0710_IMGP6198.jpg
ソールズベリ&南ウィルトシャー博物館

写真禁止だったのが残念だったけれど見応えのある博物館だった。
ストーンヘンジに行きたくて気が急いて駆け足で見てしまったのが心残りだ。



0710_IMGP6218.jpg 0710_IMGP6236.jpg
ストーンヘンジ・ツアー・バスで30分。
入り口で各国語のボイスサービスを受け取って聞きながらストーンヘンジを回る。

0710_IMGP6247.jpg 0710_IMGP6292.jpg
左:ストーンヘンジ・ツアー・バスから見えた円墳群
右:オールド・セーラムで途中下車。
  旧石器時代から続く遺跡だと聞いていたがほとんど中世以降の遺構だった。

0710_IMGP6293.jpg 0710_IMGP6319.jpg
左:オールド・セーラムのタテ看
右:ソールズベリ大聖堂にあったオールド・セーラムのジオラマ


0710_IMGP6201.jpg
ソールズベリ大聖堂

ツアー・バスのリーフレットにソールズベリ大聖堂にバス停があるので、オールド・セーラムからバスに乗るとき、大聖堂で降りたいと伝えると、運転手は頷いていた。

ところがバスターミナルに着くと終点だと言う。「大聖堂は?」「歩いて行け」「…・」
だったらなんで頷いたんだろう。

イギリスの交通機関は鉃道も時間が正確でないし、いろいろいい加減だ。


0710_IMGP6192.jpg 0710_IMGP6347.jpg
0710_IMGP6188.jpg 0710_IMGP6336.jpg
0710_IMGP6183.jpg 0710_IMGP6346.jpg
博物館の隣りにあるソールズベリ大聖堂をみたあと街を散歩。
どの街も花がきれいで感心していたが、枯れた花を摘んでいる職員を見て納得した。

散歩の後、鉃道駅で翌日空港までのチケットを購入。これでイギリスの観光は終わり。

エーヴベリーとソールズベリは是非もう一度訪れたい。
もちろんロンドンも見足りないし、スコットランドのもっと北の方にもアイルランドにも行きたい。

そんなことを思いながら宿に戻る。



.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/231-e99cdb4a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR