Entries

環太平洋文明01

2009年7月にニューヨークとワシントンDCに行った。
博物館で三星堆の「縦目」と共通する形を見て驚いた。
三星堆の仮面の目が飛び出ているのが謎だと聞いていたのだが、環太平洋にあるじゃないか。
学者は何をしているのだろう。

E38395E382A1E382A4E383AB:Masque-de-bronze-Sanxingdui E38395E382A1E382A4E383AB:SanXingDui_ZongMuMianJu
青銅縦目仮面(写真は2点ともwikipedia「三星堆」から引用)

NY_R0010481.jpg NY_R0010482.jpg
メトロポリタン美術館 オセアニア

NY_R0010812.jpg NY_R0010814.jpg
アメリカ自然史博物館 北西岸のインディアン

W,DC_R0011744 NY_cutR0010486.jpg
左:w,DC 国立アメリカ・インディアン博物館  右:NY メトロポリタン美術館




黄帝や禹や秦の始皇帝が頭に戴く四角い帽子は今も中国の少数民族が身につけているが
同じものをワシントンDCのアメリカ・インディアン博物館で見た時は驚いた。
環太平洋文明はかなり色濃くあることがわかった。

E38395E382A1E382A4E383AB:Yellowemperor E38395E382A1E382A4E383AB:YuTheGreat E38395E382A1E382A4E383AB:Qinshihuang
左から黄帝、禹、始皇帝(すべてwikipediaペディアより)

W,DC_R0011722
アメリカ・インディアン博物館

中国D1000336 中国D1000332
中国四川省の女性 四角い帽子専門店もあった。
デジカメをなくして携帯カメラで撮ったので写りが悪い。
↓こちらの方の写真がきれいで分かりやすい。
http://4travel.jp/traveler/taka_alan/album/10060098/">寧浪(Ning Lan)の美しい民族衣装
http://4travel.jp/traveler/taka_alan/album/10060098/



E38395E382A1E382A4E383AB:SanXingDui_QingTongDaNiaoTou青銅大鳥頭(wikipedia「三星堆」より)
鳥の造形も三星堆とオセアニアやアメリカインディアンは共通している。
三星堆の鳥の造形は鵜ではないかといわれている。
(鵜飼の鵜は川鵜ではなく海鵜に限るという)


NY_R0010498.jpg
メトロポリタン美術館 エクアドル 1〜5世紀
日本やフィリピンにもある頭蓋変形(【風習】頭蓋変形

------------------------------

参考
http://www.metmuseum.org/">メトロポリタン美術館
http://www.metmuseum.org/

http://www.amnh.org/">アメリカ自然史博物館
http://www.amnh.org/

http://www.amnh.org/">アメリカ自然史博物館
http://www.amnh.org/

http://nmai.si.edu/home/">国立アメリカ・インディアン博物館
http://nmai.si.edu/home/



.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/215-8e903356

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR