Entries

【2ch】「山海経」「捜神記」「三星堆文明」中国の古代文明

注:アドレス表示のないリンクはすべてwikipedia

「山海経」「捜神記」「三星堆文明」中国の古代文明
http://mimizun.com/log/2ch/whis/1006434400/

1 :佳織:01/11/22 22:06
今読んでるんでるんですけど。
誰か語れる人・・・欲しいです(ξ^^ξ)



4 :鄧先聖:01/11/22 22:40
三星堆って商王朝と同時期でしたっけ?
治水や城郭都市が発達してたとか、崑崙信仰の発祥地とか言われてい
ますよね。



5 :世界@名無史さん:01/11/25 19:01
山海経は一応地理書ということになってますよね?
これに出てくる世界各地の奇妙な民族の描写が面白い。




9 :世界@名無史さん:01/12/25 09:59
三星堆遺跡と山海経を関連付けるのはデムパだろ
華陽国志や雲南少数民族の伝承歌なんかとの絡みはあるだろうけど




11 :世界@名無史さん:02/01/02 21:40
佳織さんは連山や帰蔵の事は何か知りませんか
知ってる人が殆どいないので
中国の古代文明に詳しい方なら何か御存知ではないかと





16 :世界@名無史さん:02/01/03 00:34
ネットで出てきた文章、そのまんまコピペ
----------------------------------------------------------
周代(前12世紀―前3世紀)になると、亀卜よりも筮(ぜい)のほうが多く
行われるようになる。周初の理想的な国家組織をえがいた『周礼』
(礼の経書の一)によれば、太卜という占いを掌どる官吏が『三易』でもって
占筮をした。三易』とは『連山』,『帰蔵』,『周易』である。後漢のじょう玄
という人の注釈によると、『連山』は、殷の前の夏王朝(前23世紀―前18世紀)
の易であり、『帰蔵』は殷代の易であり、『周易』は周代の易であるという。
易とは『周易』のことをいう
『連山』と『帰蔵』ははやく亡んでしまったので、今、『易』というのは『周易』の
ことをさす。




23 :11:02/01/03 01:53
コピペで申し訳ないが

漢字の歴史

BC2700年頃黄帝という天子に仕えていた
蒼頡という人が鳥や獣の足跡にヒントを得て、初めて漢字を作った

BC1300 今からわずか百年前に河南省の殷墟で発掘された
亀甲や獣骨に刻まれていた文字が現在確認される最古の漢字です。
殷王朝が公的行事、今で云えば施政方針を決定する時に行われた
占いの記録が刻み残されています。
漢字の起源は伝説の時代よりも更に前に遡って
考える事が出来るかも知れません。

BC1100

周(金文) ◇ 殷王朝の末期から
次の周王朝の前期( BC1100 年~BC770 )にかけては
当時の遺跡から 鐘・鼎・武器 等の青銅器に刻まれたり、
鋳込まれた漢字が発見されて金文と呼ばれています。




-----------

19 :11:02/01/03 00:59
なんで連山と帰蔵は早く滅んでしまったんでしょう
やはり前王朝のだからかな?




27 :世界@名無史さん:02/01/03 16:01
>なんで連山と帰蔵は早く滅んでしまったんでしょう

正確にいうと連山にあれこれ手を加えたのが帰蔵。
連山は六十四卦の配列が「艮為山」から始まるから、とも、卦の形が∧とMから出来ているから、とかいうね。
帰蔵は「坤為地」から始まるから、とも、陰陽を開閉で表すから、とかいう。
帰蔵にあれこれ手を加えたのが周易。周易に戦国末に解説つけたのが易経。
周易にあれこれ手を加えたのが漢易。中国の易占いは周易そのものではなくこの漢易。
だから連山・帰蔵は消えてなくなったというより、改造しただけで同じものなんだよ。

漢易と別に周易が残っているのは、たまたま易経が儒教の経典とされたため。
そうでなかったら周易も連山や帰蔵のように消えてなくなったと誤解されるところだった。
易経が儒教の経典として永遠に権威化されたため、漢易はなんだか「周易=易経を用いた占いの全体像」
が漢易、みたいなことになってしまった。




30 :名無しさん:02/01/03 20:20
鉱脈探しと関係ないの?>連山・帰蔵




31 :世界@名無史さん:02/01/03 21:21
連山はが治水工事に使った盛土に関係していると思われ





39 :世界@名無史さん:02/01/22 03:01
捜神記っていつの成立?
かなり遅くなかった?




42 :山野野衾:02/01/22 09:01
>39
著者の干宝については「晋書」以外にほとんど記録が無いが、4世紀半ばに
存在した文人であったらしい。
しかし序文を読むと後世に記録を残そうとする意識の高さに胸を打たれる。



-----------

46 :世界@名無史さん:02/04/01 10:57
山海経に出てくる視肉ってあるよね。
あれは効果は嘘だけど実在することが確認された(マジ)
以前、フォーカスだが、フライデーだかで
写真入りでのっていたぞ。
何の一種だったか忘れたが、視肉でまちがいない。
まったくの出鱈目ではなかったわけだわ・・・。




47 :ちなみにこんな感じ:02/04/01 11:01
http://www.pandaemonium.net/menu/devil/siniku.html
視肉は、牛の肝臓のような形をした大きな肉塊だが生きていて、二つの目を持っている。
 この視肉は食べることが出来、いくら食べてもその肉が再生されるという、不気味なものである。
が、その肉はすばらしく旨いという。つかみとって千切っても、怒らず拒まないらしい。
 このような、食べても飲んでもなくならない飲食物というものは、世界各国に広く存在する。
飢えに苦しむ時代がこのようなものを作り出すこともある。
 また、日本にある肉人というのも肉の塊で、食べるとたいそう旨く、
食べると武勇に秀でる力を得るという。

写真入りで掲載されていて、肉の再生機能と食べると美味という点で
あきらかに視肉だった。
もちろん既存の生物らしくなんかの一種だったという学者らしきコメント
が載っていた。
今日は4月一日だけど、マジ。




48 :あなたの後ろの名無しさん:02/04/01 14:03
視肉
墳墓などに有る、と聞くから
キノコなど菌類の一種じゃないかと...




52 :日本@名無史さん:02/04/01 19:15
>キノコなど菌類の一種じゃないかと...

テングノムギメシみたいなもんかな。
もっともそうだとすると目玉が二つあるっつーのが不思議だが。



53 :47:02/04/01 20:48
いや、目玉は無かったよ。
インターネットでも検索してみたが、写真週刊誌に載っていた写真も
何も出てこない。

俺が記事を読んだ限りではゼリーのような感じで全体的に白っぽかった。
この手の記事はよくインチキ写真が出回るが、そんな印象も無かった。
よくあるようなぼやけた写真ではなく、鮮明なカラー写真だったから。
味がわかるのは見つけた現地の人がとりあえず一部を採取して
食ってみた(食うなよ・・・・)から。

大きさは文中では2m前後ぐらいあったらしい。
まあ信頼に足りる情報が見つからないので与太話として捉えられても
仕方ないところだけど、生物板にでもカキコしてみるか・・・・。

しかし、これ、なんなんでしょうね。
続報が伝わってこないんだけど。




-----------

58 :世界@名無史さん:02/04/19 00:31
そういえば、山海経に「倭国」の記載があるんですよね、確か。




65 :世界@名無史さん:02/05/14 09:49
三星堆、マンガで使われてましたね。
なんてタイトルだったか、玄奘西域記ネタでけっこう真面目なマンガ
描いてた人のやつです。



66 :世界@名無史さん:02/06/02 18:25
殷王朝の頃に長江にあった「人方」ってどんな国でしたか?




67 :世界@名無史さん:02/06/08 21:14
「山海経」に出てくる「扶桑国」ですが、ちょうどアトランティスのように、
日本列島説、鬱陵島説、高句麗説、樺太説、メキシコ説など、さまざまな
説が入り乱れているようですね。




70 :世界@名無史さん:02/07/18 07:40
扶桑国って日本でしょ



71 :世界@名無史さん:02/08/03 23:34
http://www8.ocn.ne.jp/~douji/tanken.htm </strong>">http://www8.ocn.ne.jp/~douji/tanken.htm
扶桑国探検
http://www8.ocn.ne.jp/~douji/sengaitop.htm
扶桑国と『山海経』



------------------------------


ラストの扶桑国リンク、原田実氏ではないですか。
なつかしいいいいいい。

>>9
>>三星堆遺跡と山海経を関連付けるのはデムパだろ

デムパではないと思う。



追加:http://2nnlove.blog114.fc2.com/?no=6978">ニートな2ちゃんねらー日記コメント
   http://2nnlove.blog114.fc2.com/?no=6978
72899 :名無し:2012/06/17(日) 15:16:14 ID:-
漢字の起源は未だに不明で当時大陸に住んでいた中国系以外の少数民族の文字らしいよ
それを後で中国人がパクったらしい
だから漢字は中国人が作った可能性は低い
漢人も漢字とは無関係らしいから謎だね


73035 :72435:2012/06/19(火) 10:53:10 ID:qnVYkfDY
>>72899
同意。
漢字の起源は諸説あるなか、長江上流、三星堆文明を築いた海洋民族あたりではないか
という説が気になっています。
海洋民族といえば環太平洋てか世界中で使われていたキープ。(沖縄も)
日本の綾取りもその名残。




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/214-3a8a771a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR