Entries

古代も今も同じ

■ニートな2ちゃんねらー日記
http://2nnlove.blog114.fc2.com/?no=6978">新羅ってさ、しらぎ、だよね 読売夕刊の鑑真和上の説明に、「シルラ」ってなってんだよ
http://2nnlove.blog114.fc2.com/?no=6978


古代に「新羅」をどう発音したかは資料がないのだから分かる分けがない。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【古代朝鮮語解読のさわり】
古代朝鮮語の姿を確認するための資料は極めて少ない。
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/bibimbab/siru/kodai.html



コメントにちょっと場違いなことをしつこく書いてしまった(72380と72435)。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
72315 :名無しさん@2ch:2012/06/10(日) 22:25:51 ID:-
倭と日本もイコールじゃないしな!




72380:名無しさん@2ch:2012/06/11(月) 07:05:10 ID:qnVYkfDY
>>72315
>>倭と日本もイコールじゃないしな!

ところが学者が言うほど渡来人はいなかったんだよ。
渡来人が多かったら言語とか風習とか残ってなきゃヘンじゃん。

倭=日本だよ。

縄文・弥生の人口は学者が言うよりずっと多かったんだよ。
(学者は半島に180万いた紀元2年ごろの日本列島に60万と試算している。
 日本の方が面積が広く遺跡も濃いのに。
 ttp://www.linz.jp/worldpop/jp07/appendix1.html)



72411 :名無しさん@2ch:2012/06/11(月) 13:47:21 ID:-
何年か前にNHKで学者先生が言ってたんだけど、
国名としての新羅(しらぎ)の本来の発音は"silla"らしい。
しらぎの"ぎ"はどこから出てきたかと言うと、当時の朝鮮半島南部の言語の接尾辞が由来で、侮蔑的なニュアンスを持つんだとか。


72417 :名無しさん@2ch:2012/06/11(月) 15:33:17 ID:-
>>72411
自分もその話は聞いたことがある。でも、今となってはNHKに出てきた学者先生のいうこと、ほんとかなと思ってしまう。実は「しるら」と朝鮮読みさせるための準備だったのでは?
どうもNHKの歴史関係の放送、ちょいちょいとうそを混ぜ込んでいるのでは?(ほんと悲しいことです)

平安初期にかけて、百済、高句麗だけでなく、新羅から多数帰化人が渡ってきているでしょ。
そして、新羅の瓦などもたくさん発掘されたりしている。日本人は外国からであっても
技術者を大変大事にしている。そんなのに侮蔑的な呼び方をするとは信じられないのだけれど。




72435 :名無しさん@2ch:2012/06/11(月) 22:05:30 ID:qnVYkfDY
>>72417さん

72380を書いたものです。
前半はまったく同意です。
学者が半島に不利なことは言わないし書かないと知った時は驚きました。

後半、意見が違っていて、自説が世間からズレているのは承知しているのですが検討してみてください。

>新羅から多数帰化人が渡ってきている

この時期の帰化人の大半は半島南部(任那)にいた倭人だったのではないでしょうか。


>日本人は外国からであっても 技術者を大変大事にしている

新羅の墳墓には勾玉がどっさり副葬されています。
勾玉は日本の形です。(日本には宮内庁に調査を禁止されている同時代の古墳がたくさんあります。)

そしてご存知のように隋書には
「新羅や百済は皆、倭を大国で珍物が多いとして、これを敬仰して常に通使が往来している。」
とあります。

瓦の話をし出すと長くなるので端折りますが
いわゆる「新羅の瓦」は高句麗あるいは北魏様式ではないかと考えています。

現在と同様、古代の日本も新羅や百済から学ぶものなどなかったと考えています。
実際日本は多数の帰化人を辺境の地に移したり半島へ送り返したりしています。

------------------------------

以上。

人口論はカテゴリ「弥生時代の人口」に、
学者が半島に不利なことは言わない件に関しては「武寧王陵」に書いた。

瓦についても書きたいけれど、どうしてこうやることが遅いのだろう・・・。


------------------------------

■2012.06.12 追記
72535 :72417:2012/06/12(火) 18:28:21 ID:-
>>72435さん
実は私も倭人だと考えています。(一応、ネットでは、通説からあまりはずれないようにしてます。 )
任那から引き上げるまでは相当数の倭人が半島で米を作っていたと考えています。
だから、百済人、新羅人、高句麗人の多くはあちらで生まれ育った倭人の引揚者だったのではないかな。
さもないと、6世紀前半の安閑、宣化、欽明期のあたりで必死になって筑紫に三韓へ送る食料を備蓄したのか
ちょっと理解できません。



72544 :72435:2012/06/12(火) 21:00:40 ID:qnVYkfDY
>>72417さん
レスありがとうございます。
ネットはいいわああああああああああ

>三韓へ送る食料を備蓄した
ガッカリだああああああああああああ

アカデミックのバカああああああああ
松菊里も日本の方が古いと分かったとたん口にしなくなりましたよね。
http://www.ops.dti.ne.jp/~shr/clm/yw0055.html

「新羅」の発音については決定する資料はない状態だと思っています。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
>古代朝鮮語の姿を確認するための資料は極めて少ない。
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/bibimbab/siru/kodai.html




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/212-24ba42bf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR