Entries

貨幣とか暦とか度量衡とか

五斗米道と大和朝廷の祖で五斗米道が五斗の米を奉納させたことが大和朝廷の租の見本になったのではないか、と書いた。
また日本の稲作@佐藤洋一郎氏で、米を貨幣の代わりに納めさせた大和朝廷が米を神聖視し始めたのではないか、と書いた。

それにつけて思うのは日本の歴代支配者が貨幣鋳造に積極的でないことだ。
最初の貨幣が708年(和銅元年)の和同開珎というのは国力からして不思議だ。
参考:和同開珎@wikipedia

中世には中国の貨幣を輸入して使っていた。
参考:http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/history.htm">日本銀行金融研究所貨幣博物館 わが国の貨幣史
   中国銭の使用(12〜16世紀)
   http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/history.htm

なぜ自国通貨を発行しなかったのだろう。


暦についても釈然としないものがある。
わたし自身、昭和とか平成より西暦の方がピンとくる。
日本史も西暦で覚えればいいと思っている。
しかしそうだろうか。

海外に行くとその国のカレンダーが目につく。
大概自国の暦を大きく西暦を小さく扱っている。

インド暦P2110562
インド マドゥライの喫茶店


しかし日本は明治に旧暦を廃止し西洋に習った。
度量制は尺が建築に、反や町が土地に生きているが大方西洋風に改まった。
参考:西洋度量考@wikipedia

独立国が最初に行うのが貨幣発行、暦制定、度量衡だと思うのに不思議なことだ。




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/182-edefde88

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR