Entries

縄文時代の捕鯨

昨日「水田開発という共同作業でリーダーが生まれたのか」で古代の漁業について検索していたら「縄文時代は湾に迷い込んだ鯨を捕っていた」と書いているサイトが少なからずあった。

そうだろうか。三内丸山遺跡やチカモリ遺跡や桜町遺跡、真脇遺跡に住んでいた人々が鯨を捕れないということがあるあろうか。どうして自分たちの祖先を過小評価するのだろう。

そう思いながら探したら、縄文時代の大型捕鯨を肯定しているサイトがあったので安心した。


http://www.nihonkaigaku.org/library/lecture/i040605-t4.html">日本海学推進機構 日本海学講座 第4回 「日本海捕鯨の起源と発達
http://www.nihonkaigaku.org/library/lecture/i040605-t4.html
縄文人が大きなクジラを捕ることは技術的に十分可能だったと思われる。たとえば丈夫なロープの存在は捕鯨に大いに役立ったはずだ。<(2004年)


学者が大型捕鯨を肯定しているのはまだここ一カ所しか知らない。
他は否定的だ。

大型捕鯨を肯定したら「弥生時代、大陸から来た人々によって水稲が始まり、水田開発という共同作業でリーダーが生まれた」といえなくなるのが都合悪いんじゃないか・・・とひねくれてしまっている。

例1:http://www.city.ichihara.chiba.jp/~maibun/note/notebook13.htm">市原市埋蔵文化財調査センター「クジラと縄文人」
   http://www.city.ichihara.chiba.jp/~maibun/note/notebook13.htm
縄文時代には、イルカなどを除いては、鯨類を積極的に猟の対象にすることはなかったと思われます。まして大型のクジラともなれば、意図的に捕獲することは不可能です。しかし、現在でも時折ニュースなどで報じられるように、内湾や外洋の海岸に大きなクジラやイルカが単体、あるいは集団で浅瀬に迷い込み、身動きできなくなってやがて死んでしまうという光景が知られています…(中略)…縄文時代の市原付近の海岸でも時折みられたのでしょう。

例2:http://www.maibun.or.jp/qa/a30.html">栃木県埋蔵文化財センター「Q.30 縄文時代にどうやってクジラをとったの?」
   http://www.maibun.or.jp/qa/a30.html
縄文時代には、丸木舟もあり、シカの角で作った銛(もり)もありました。しかし、丸木舟をこぎ出し、銛を使ってのクジラとりは行っていなかったようです。クジラは、泳ぐ早さが早く、丸木舟で追いかけられたでしょうか。また、大きいクジラを追いかけて仕留めるためには、大人数が必要ですが、果たして縄文時代に大人数を集めることが簡単にできたでしょうか。また、仮に仕留めたとしても、大きいクジラの体を運べたでしょうか。特に、セミクジラ、マッコウクジラ以外のクジラは、死ぬと海に沈んでしまいますので、小さな手こぎの丸木舟で運べたでしょうか。このようなことから、縄文時代には、舟と銛を使ったクジラ漁はなかったと考えられています。
 しかし、クジラは時々浜辺に漂着(ひょうちゃく)して、身動きできなくなることがあります。クジラにはシャチという天敵がいるので、これに追われて浜に乗り上げることがあるようです。縄文時代には、このようにして漂着したクジラをとっていたと考えられています。
 日本で、舟と銛を使って、集団による本格的にクジラとりが行われるのは、室町時代の終わりから江戸時代のはじめ頃からです。
 なお、縄文時代には、イルカ漁は行われていたようです。丸木舟を使って、狭い湾にイルカを追い込み、銛で仕留めていたようです。


例3:国立民族学博物館
   捕鯨に関する文化人類学的研究における 最近の動向について(PDF)
  
日本列島では,縄文時代早期(約10000 年前~ 6000 年前)の遺跡から鯨類の骨や
歯が出土している。また,九州の北西部から南西部にかけての縄文中期および後期の
遺跡からナガスクジラやマッコウクジラ,イワシクジラなど大型鯨類の椎端骨製の土
器製作用マットが出土している(平口2009)。石川県の真脇遺跡(約5000 年前)か
らカマイルカの骨が出土しており,平口は分配や祭祀が行なわれたらしいと推定して
いる(平口2003)。縄文時代におけるイルカ漁についてはその存在が証明されている
が,大型鯨類の捕獲は行われた可能性はあるものの,確証はないという(平口2009:
41)。





.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/170-077e2cfe

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR