Entries

【インドネシア 07】プランバナンとサンギラン

インドネシアの旅 2007.12.13

プランバナン ロロ・ジョングラン寺院
尼13_RIMG5855
6:00 開門と同時に入場
9世紀後半〜10世紀初頭に建立されたヒンズー寺院群

尼13_RIMG5851

尼13_RIMG5864

尼13_RIMG5863

尼13_RIMG5865


■プランバナン セウ寺院
尼13_RIMG5884
ロロ・ジョングラン寺院より北数百メートルにある仏教寺院


尼13_RIMG5899
プランバナン史跡公園内にある博物館でオーディオシアターを頼む。
私ひとりだったのに快く日本語版を上演してくれた。内容も大変よかった。



■ 10:00 バスでソロへ
ソロのバスステーションに荷物を預けてジャワ原人のサンギランヘ
地球の歩き方を参考にミニバスでカリジャンベ停留所で降りる

尼13_RIMG5906
カリジャンベ停留所
数台のバイクタクシーが待機していたのでここからバイクで博物館へ


サンギラン博物館
尼13_RIMG5909
ジョグジャカルタの博物館を蹴ってこちらを選んだのは地球の歩き方に博物館のスタッフが発掘現場を案内してくれるとあったから。
実際バイクでジャワ原人が発見された崖の近くに行き、畑に散らばっている化石の説明をしてもらえた。

尼13_RIMG5922
館内にはジャワ原人のレプリカや石器やゾウの化石が並んでいたが
注目したのは右端にあるような丸い石。

尼13_RIMG5919

尼13_RIMG5920

尼13_RIMG5912

尼13_RIMG5913
50〜20万年前の石だという。

わたしの故郷である山梨では丸い石を道祖神として祀っている。
自分で撮った写真は整理されてないのでこちらを参考に:
http://maruishigami.jpn.org/">丸石神 http://maruishigami.jpn.org/

子供の頃、近所のあちこちにあった丸石の道祖神さんが山梨を中心とした地域にしかないと知った時は驚いた。
丸石に霊力を感じるのはごく自然だろうに。魂のタマは丸い石ではないのか。
丸石への信仰がなぜ山梨だけなのか不思議だった。

長じてから丸石への信仰は南米コスタリカにもあったらしいと知った。
それが気になっていた。

年代が大きく違うとはいえ、その丸石にジャワ原人の地で出会えたのだから興奮した。
館の方につたない英語で伝えると、不思議なことにインドネシアでも丸石はソロ川流域でしか見つからないと教えてくださった。



■博物館からバス通りまでの民家
尼13_RIMG5934
地球の歩き方にバス通りまで3キロとあったので歩くことにする。

尼13_RIMG5939

尼13_RIMG5938

尼13_RIMG5948
ほとんどの家の屋根に鳥か家のモチーフがあった。

尼13_RIMG5951
作業小屋?の柱がすべて礎石の上に

尼13_RIMG5955

尼13_RIMG5970
礎石はタナ・トラジャの建物にもあったがこちらの母屋にはあったり無かったり。
写真を見返すと他地域にはふつうにある高床建物がなく全て平地建物だった。


結局バス停までは1時間近く歩いた。3キロではないと思う。
ソロ行きのバスはすぐに来た。
ソロのバスステーションで荷物をピックアップしてハジャイでホテルへ

尼13_RIMG3708
ホテル ダナ 2泊 450000ルピア/5920円 
部屋もスタッフも朝食もよいホテルだった




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/133-cf8c47fa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR