Entries

【インドネシア 04】ジャカルタ→ディエン高原

インドネシアの旅 2007.12.10

■チェックアウトの支度をして1Fのレストランに行くと日本人サラリーマンがいた。
話を聞きたかったが列車の時間が迫っていて残念だった。

ジャカルタから列車とバスを何度も乗り継いでディエン高原まで行った。
いつも地球の歩き方には感謝している。

駅前やバスターミナルで目的地を連呼している私を助けてくれる皆さんにも感謝。


ガンビル駅プルウォケルト駅
尼10_RIMG5323
ガンビル駅 08:50出発(写真データより)

尼10_RIMG5325
飛行機と似た食事付き。冷房利き過ぎなのは南国のデフォ。

尼10_RIMG5331

尼10_RIMG5366
プルウォケルト駅 13:00着(写真データより)
メモに30分遅れとある


■プルウォケルト駅 → ディエン高原
尼10_RIMG5372
プルウォケルト駅前から赤いミニバスでバスターミナルへ
バスターミナルからは大型バスでウェノソボへ

尼10_RIMG5379
ウェノソボのバスターミナルから2キロ離れた近郊バスターミナルへ
ここで買った和菓子に似たお菓子がとてもおいしかった

尼10_RIMG5387
近郊バスターミナルは活気があってゆっくりしたかったけれどバスの本数が不安なので最初に来たディエン高原行きのバスに乗る。
4時頃バス発。45分でディエン高原着。

尼10_RIMG5570
ホテル グヌン・マス 125000ルピア/1640円
コーヒー付き夕食をサービスしていただいた。


この日のメモを見ると田がきれい。山がきれい。自然が美しい。人が穏やか。チョウチョがたくさん。雨すごい。・・・とある。

印象的だったのは笑顔で列車に手を振るおじいさん。
列車に手を振るのは子供だけじゃなかった。
プルウォケルトでの移動は男性が、ウェノソボでの移動は女性がケアしてくれた。


2012.01.18作成

.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/129-6c4d4128

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR