Entries

邪馬台国までの行程

前回宇佐神宮境内の亀山古墳が卑弥呼の墓だと書いた。
しかし邪馬台国の宮殿があったのは80キロ西の太宰府だ。

魏志倭人伝を「地球の歩き方」などを読むように読めばそうなる。

現代語訳は「堀貞雄の古代史・探訪館」の「『三国志魏書』倭人伝(通称:魏志倭人伝)」を使わせていただき、番号をふって地図に対応させ説明を加えた。

現代語訳ではあるが行程記事は最初から省略無しに引用させていただいた。

邪馬台国行程B



『三国志魏書』倭人伝(通称:魏志倭人伝)

倭人は帯方郡の東南の大海中に在り、山島に拠って邑落国家を為している。昔は百余国、漢代には朝見する者がおり、今は使訳(通訳を連れた使節)が通じるのは三十国。

帯方郡より倭に至るには、海岸に沿って水行、韓国を経て、南へ行ったり、東へ行ったりして、北岸の狗邪韓国に到ること七千余里。②a 初めて一海を渡り、千余里で対馬国に至る。そこの大官は卑狗、副は卑奴母離という。極めて険しい島に住み、四方は四百余里ほど。土地は山が険阻で、深い林が多く、道路は獣や鹿の小道(獣道)。千余戸あり、良田は無く、海産物を食べて自活しており、船で南北の市(物々交換の場)に出かけて、糴(てき=穀物を買い求める)する。

★④のように陸行するルートもあるけれど、まずメインルートで邪馬台国に行く。

②b また、南に一海を渡ること千余里、名を瀚海という、一大国に至る。官もまた卑狗、副は卑奴母離という。四方は三百里ほど。竹木の密林が多く、三千ほどの家があり、農地はあるが不足しており、耕作しても食べるには足らないので、また南北に物々交換に出かける。

②c また別の海を渡り、千余里で末盧国に至る。四千余戸あり、山海に沿って暮らしている。草木が盛に茂っており、前を行く人の姿が見えない。上手に魚や鰒(アワビ)を捕り、水深の深浅にかかわらず、皆が水中に潜って、これを採取する。

②d 東南に陸行すること五百里、伊都国に到る。官は爾支、副は泄謨觚、柄渠觚という。千余戸あり、代々王がおり、皆、女王国の統治下に属し、郡使の往来では常にここに逗留する。

★釜山あたりから対馬、壱岐、松浦を経て伊都国まで。伊都国は鴻臚館跡あたり。
ここで卑弥呼の館のある太宰府に向けて外洋船から小舟に乗り換え御笠川を上る。伊都国が千余戸なのはそのための国だからであり、伊都国に到着したことは邪馬台国に到着したことと等しい。


東南の奴国に至るには百里、官は兕馬觚、副は卑奴母離といい、二万余戸ある。
東に行き、不彌国に至るには百里、官は多模、副は卑奴母離といい、千余家ある。

★奴国は卑弥呼の館、太宰府の東の須玖岡本遺跡だけでなく吉武高木遺跡も含むかもしれない博多湾に面した邪馬台国の中心国。57年の金印もこの奴国だった。
不彌国は太宰府の東の宇美町。



南に投馬国に至るには水行二十日、官は彌彌、副は彌彌那利といい、五万余戸ほどか。

★奴邪馬台国への行程を説明し終えたので、倭人のもうひとつの重要な国、投馬国(出雲)への行き方を挿入した。
唐突な1行だけれど、歴史や風俗を記した部分にも同じようなコマ割的な表現がある。三国志を編纂する陳寿の机の回りには、あちこちから集められた資料があったからだと思う。
そして投馬国が重要な最大の理由は玉の産地だからだと考えている。



南に邪馬壹国の女王の都に至るには、水行十日、陸行一ト月。
官には伊支馬があり、次を彌馬升といい、その次が彌馬獲支、その次が奴佳鞮という。七万余戸ほどか。

★帯方郡から邪馬台国までの行程記事を終えて、所要時間と人口を書く。
メインルートの水行だと10日。帯方郡から釜山まで陸行する場合、李朝時代に約25日かけて移動した記録(注:2015.04.22 リンク修正)があるので、釜山から伊都国までの日数を加えるとちょうど1ヶ月になる。



自女王国より北は、その戸数、道程を簡単に記載しえたが、その余の国は遠くて険しく、詳細を得ることが出来なかった。次に斯馬国、已百支国、伊邪国、都支国、彌奴国、好古都国、不呼国、姐奴国、對蘇国、蘇奴国、呼邑国、華奴蘇奴国、鬼国、為吾国、鬼奴国、邪馬国、躬臣国、巴利国、支惟国、烏奴国、奴国があり、これが女王の領域内の全部である。

その南に狗奴国があり、男性を王と為し、官には狗古智卑狗があり、不属女王に従属していない。郡より女王国に至るには一万二千余里である。

★行程と所要時間を記したので、最後に距離を示した。
距離に関しては、帯方郡から釜山あたりまで(北岸の狗邪韓国)が7000里で末盧国までが3000里なのだから、帯方郡から太宰府までが一万二千余里というのは妥当な数値だ。

邪馬台国の範囲に関しては、七万余戸、35万人が目安になる。
この時代、中国に7000万人、朝鮮半島に180万人いたのだから日本列島には600万人ぐらいが相応しく、文化の中心だった太宰府は他地域よりやや人口密度も高かったはずであり、人口35万人は、太宰府を中心とした唐津から宇佐を含む範囲が相応しい。


もちろん、南には敵対する狗奴国があり、東に海を渡ること千余里には瀬戸内海を挟んで中国と四国があり、その先に畿内や東海・・・と倭人の国は続く。


以上、ここまで省略無しに引用させていただいた。以下略。




.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/112-70f32dc0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR