Entries

古代日本人の航海術

日本の考古学会は古代日本人の航海術について消極的だ。

しかし縄文人は沖縄の貝を九州や韓国に運び、黒曜石をウクライナに運び、5500年前の八丈島には日本列島各地の土器があった。

高原山遺跡の発見により旧石器時代に外洋交易を行っていたことも明らかになった。

http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200704140116.html">高原山遺跡で原石加工 「日本人どこから?」に一石(asahi.com)
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200704140116.html
黒曜石の石器は、関東地方の3万年以上前の後期旧石器時代の早い時期の遺跡で多く見つかっている。そこには伊豆諸島・神津島産の黒曜石も含まれている。


旧石器時代に栃木県高原山に住んでいた人々を日本人と表現するのは間違っているだろうか。
わたしは旧石器時代人が縄文人になり弥生人になり現代人になったと考えているので、自分たちの祖先を旧石器人・縄文人・弥生人とバラバラに呼ぶことに違和感を持っている。

もちろん旧石器時代から現在まで日本列島が孤立していたはずがない。
現在約2%の外国人がいるのように、どの時代も同じ程度の外国人がいたと考えている。
インドネシアが数百の民族で構成されているように日本列島の日本人も多様だと考えている。

もとい。
記紀や万葉集などの文献や古墳の壁画や遺跡の状況から古代日本には帆船に満ちていた。
帆船は古代だけでなく近代までたくさんあった。
その様子は明治以降の写真にも多く残されている。


串木野の小型和船(帆船)
http://nantenbo.la.coocan.jp/satsuma-hansen/
昭和35年頃、港に帆船が並んでいる写真がある。
鹿児島県串木野市に限らず、日本全国に普通に見られた風景だと思う。


日本人はいつの時代も豊富な海産物を享受し、古墳時代までは外洋交易も活発だった。

ところが白村江の敗戦で半島から手を引き、平安時代に遣唐使を廃止し、江戸時代には鎖国政策をとった。

使わない技術は廃れてしまう。

近世の太平洋の島々がそうだった。
ポリネシアをはじめとする太平洋のほとんどの島が欧米の植民地になり島民の島を渡る自由が奪われた。さらに船にエンジンを搭載するようになると技術を使わなくなった。

そのため、1975年にハワイで古代ポリネシアの航海技術復活を目指してホクレア号を計画したとき、ハワイには航海技師がひとりもおらず、ミクロネシア、カロリン諸島のサタワル島の航海士に協力を求めなければならなかった。
その経緯は書籍だけでなくネットにもたくさんの情報がある。

ホクレア(@wikipedia)

「ポリネシア人 石器時代の遠洋航海者たち」(片山一道 同朋舎出版 P209~)
1977年に発掘された1000年近く前の巨大カヌー(ダブルカヌー)は、1カ月の航海に耐えるもので、1日160キロ航行できた。75度の向かい風でも前進できた。

「海を渡ったモンゴロイド」(後藤明 講談社選書メチエ P38)
1893年のフランス人の記録によると、インドネシア、スラウェシ島のブギス族にオーストラリア、ニュージーランド付近の海図を見せると、台湾、中国、日本列島の位置を書き加えたそうです。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Yurinoki/1189/MarsahllCult.html">太平洋のど真ん中。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Yurinoki/1189/MarsahllCult.html

http://blogs.yahoo.co.jp/hokulea2006/705469.html?p=1&t=2">航海カヌー模型
http://blogs.yahoo.co.jp/hokulea2006/705469.html?p=1&t=2
シングル・アウトリガーだが休むスペースもあるし荷物も積める。

丸木舟
福井県にある鳥浜貝塚の縄文時代前期の層から全長7メートルほどの大型丸木舟が出土しており、早くからの利用が認められる。また櫂(かい)の利用や、丸木舟本体への装飾も知られている。(C)小学館・ニッポニカ

http://www.jikukan-ogbc.jp/index.html">なにわの海の時空館
http://www.jikukan-ogbc.jp/index.html
丸木舟と説明
R0018050.jpg
R0018051.jpg
R0018052.jpg

ここで展示しているくり船は、古代(今から約1800〜1300年前)に使われていたと考えられています。この船の木材はラワンといい、日本にはなく、東南アジアなどの気候の暖かいところが産地となっているため、この船に人が乗って日本にやってきたのか、丸太が流れ着き日本で船の形にされたのか、現時点では謎のままです。

日本と東南アジアは黒潮で結ばれていて、抜歯や入れ墨など共通の文化を持っている。
古代日本人が帆船を知らないわけがないし、東南アジアと交流していないわけがない。



【2012.01.15 追加】
愛媛県今治市役所産業部 海事都市推進課サイト
今治の歴史にあった「菊間港に停泊する瓦船

.
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://zaru3386.blog.fc2.com/tb.php/10-145ca938

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR