Entries

皇室と宗教 1

天皇は天照大神の子孫だけれど、日本にとって唯一無二の神の系譜ではなかった。蘇我氏の神、物部氏の神など、たくさんの豪族がそれぞれの神の系譜を持っていた。 豪族のひとつである天照大神の孫、瓊々杵命は天降ってから周りの豪族と姻戚関係を結んだり戦ったりして勢力を伸ばした。瓊々杵命の拠点は太宰府であり出雲経由で畿内に遷った。思想や宗教は支配者にとっては便利なアイテムになりうる。太宰府天皇家の仏教は南方仏...

皇室と宗教 2

聖武天皇はなぜ「国分寺建立の詔」を発布したのだろう。神道が日本固有の宗教だというのなら神道を第一にすべきだろう?伊勢神宮の分詞を全国に作らせればいいじゃないか。天皇が奉る神道は天武天皇の系譜である日向の地方神だったので関東東北の豪族に強制するのは無理だったのかもしれない。だから仏教というインドの宗教、哲学的な経典と光り輝く仏像とエキゾチックな伽藍を広めた後、神仏習合で有耶無耶になったのかもしれない...

ヤマタノオロチ

ヤマタノオロチは東南アジアに共通の蛇神だと思う。出雲の大蛇伝説に似た神話が扶南にあった。 →タイ・カンボジア13 帰国「東南アジアの美術」フィリップ・ローソン著(再掲)------------------------------ 扶南王国についての最初の記述は3世紀半ばの中国使節団のものであるが、そこに報告されている建国伝説はチャンパ王国、アンコール王国の建国伝説と似ており、インドでも広く伝播した話である。1人のバラモンが夢のお告...

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR