Entries

ドンソン文化と円筒埴輪

「東南アジアの美術」フィリップ・ローソン著(P14〜引用)--------------------------------ドンソン青銅器の出土品のうちでも、最も興味深くまた意味深いのは、多くの巨大な青銅鼓である。これらは死者の埋葬に使われたこともあったらしい。有名な「バリの月」(第5,6図)もおそらくそのような青銅鼓の1つであろう。これらはくびれた胴を持った太い円筒形の上に、平たい鼓盤が置かれている。鼓盤の中心にはほとんどの場合、放射...

アメリカ・インディアンの住居

シアトルの親戚に会いに行くことになった。20年以上前に初めて行った時、いろんな所に連れて行ってもらったのだが特に印象的だったのがバンクーバー島の博物館で見た動画のインディアンの踊りだった。鳥の羽で着飾った男が船の舳先に立ち、両手を広げ羽ばたく様は本当に鳥のようであり神々しく美しかった。その博物館、ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館を再訪したいのでカナダ経由で行くことにした。日程はバンクーバー...

東南アジアのトーテムポール

トーテムポール@Wikipedia>トーテムポール(英語:totem pole)は、北アメリカ大陸の太平洋に面した北西沿岸部に住む先住民の多くが、彼らの家の中、家の前、あるいは墓地などに立ててきた、柱状の木の彫刻で、人々の出自、家系に関わる紋章や、彼らが伝えてきて、かつ「所有する」伝説、物語の登場者などを彫刻したもの。 ※ ※ ※ ※ ※同じものをベトナムやインドネシア、フィリピンで見た。 2012.07.16 ベトナム ダナン博物...

出発前日

ところがだ・・・何がところがだと言うとバンクーバーがだ。シアトルの親戚を訪ねることになり、その前にバンクーバー4泊とビクトリア2泊をひとりで回る予定を立てた。→アメリカ・インディアンの住居ホテルを予約し、博物館へ行くバスも調べた。グーグルマップのストリートビューでホテル前にサブウェイを見つけて喜んだ。ところが急遽バンクーバーを親戚3人と一緒に回ることになった。16日夜(17日午後)、バンクーバーの空港に迎...

01 羽田からバンクーバーへ

8月16日(日) 1日目親戚に会うので荷物が多い。自宅に無線タクシーを呼んだら10分かかると言っていたのにすぐ来た。パソコンを慌てて切って出たけれどタクシーを狭い通りで待たせてしまった。慌ただしい出発だった。タクシーで新宿ヒルトンホテルへ。羽田へのリムジンバスをヒルトンホテルから予約していたからだ。時間があるのでホテルのロビーでくつろぐ・・・くつろげねーよ。場違いだよ。バスの時間まで30分以上困った。✳︎ ✳...

02 バンクーバー博物館など

8月17日(月) 2日目朝一でバンクーバー博物館へ送ってもらう。バンクーバー博物館 思いの外小さい。石器など展示品の製作年代を聞くも分からず。代わりにUSBの割引券を貰う。スタッフは親切だった。バンクーバー海洋博物館 バンクーバー博物館から徒歩5分の海洋博物館。ちょうどセント・ロック号の無料ガイドツアーが始まる時で日本語のリーフレットもいただけてラッキー。全体に見やすい展示だった。スタンレー・パーク 昼ごは...

03 バンクーバー UBC人類学博物館

8月18日(火) 3日目朝一でブリティッシュ・コロンビア大学のUBC人類学博物館前まで送ってもらう。UBC人類学博物館入るとまずトーテムポールのエリアがある。 2本のトーテムポールが並んでいて片方が子供を抱えていたので、スタッフに聞いた。問「この子供の母親と父親か」答「このトーテムポールは熊の顔を持っている。熊のスピリットを表している」問「男女の熊か」答「分からない。11時からガイドツアーが始まるので聞いたらど...

04 ウィスラー

8月19日(水) 4日目バンクーバーから北に車で2時間ほどのウィスラーに 連れて行ってもらった。行く途中「Sea to Sky」というゴンドラに乗り、長い吊り橋や美しい眺めを楽しんだ。ウィスラーは2010年冬季オリンピックが行われた場所だそうで、夏も賑わっていた。特にマウンテンバイクを楽しむたくさんの親子が印象的だった。時間があるというのであまり気の進まないスコーミッシュの資料館にも行ってみた。・・・まあ。バンクーバ...

05 バンクーバー島ビクトリアへ

8月20日(木) 5日目9時10分、コンドミニアム発。10時にバンクーバーの南、トゥワッサン港に到着。私だけ車を降り、フェリー乗り場へ。バンクーバー島ビクトリアを2日間ひとり旅した後、シアトルに渡り今度は親戚の家で4泊お世話になる予定だ。 11時発のフェリーはバンクーバー島スワーツ・ベイに12時半到着港から♯70のバスでビクトリア ダウンタウンへ。市内に入ると全ての交差点に通りの名前があるので終点まで乗らず海洋博物館...

06 ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館

8月21日(金) 6日目朝、港のインフォメーションで明日のシアトル行きフェリーを購入。10時、開館と同時にロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館に入る。 左:港のインフォメーションセンター右:ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館マンモスやアザラシ、鹿の展示は20年以上前に見た記憶にあるままだ。インディアンが舟で踊るフィルムは記憶と違うものだったが今回も素晴らしかった。デジカメムービーしてみた。イン...

07 ビクトリアからシアトルへ:住居

8月22日(土) 7日目9時、宿をチェックアウト。チェックイン時にカードで2泊分とデポジット10ドルを払っていたのでチェックアウト時に10ドルをキャッシュで受け取った。ところがカナダはカード社会。スーパーマーケットもサブウェイもカードを使えば小銭が増えない。なので日常生活がキャッシュレス。まして旅行者においてをや。カナダ到着当初ATM機で引き落とした80ドルもまだ残っている。今日がカナダの最終日。なんとかフェリ...

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR