Entries

閻魔様とカーラバイラブ

閻魔様とカーラバイラブが似ている。 左:閻魔(ヤマ)を描いたチベットの仏画  (17~18世紀ごろ)閻魔@Wikipediaより右:ネパールのカーラバイラブ(シヴァの化身)(1997.10.23)日本の閻魔様は三途の川の向こうで嘘を付くと舌を抜く神様で大分様子が違うけれど、それはおいておいて。インドで死を司る神ヤマが仏教に取り入れられ閻魔になったという。一方、ネパールのカーラバイラブはヒンドゥー教の破壊の神シヴァの化身...

馬頭観音(とガルーダ)

東京にもお地蔵様や馬頭観音様がたくさんいらっしゃる。地蔵菩薩と道祖神についても興味あるが馬頭観音について。馬頭観音も観音菩薩のひとつであるから広義には修行中のお釈迦様だが元はヒンドゥー教のヴィシュヌ神だという。馬頭観音には毘紐天(びちゅうてん、「ヴィシュヌ」の音写)」という異名がある。宇宙の維持を司る太陽神、ヴィシュヌ神がなぜ馬頭観音になったのか。ヴィシュヌの異名ハヤグリーヴァは「馬の首」の意であ...

大鷲神社と酉の市

前回、馬頭観音の多くが供養塔として祀られていることを知った。馬主にとって馬頭観音がヴィシュヌ神の化身とかの教義は関係ないらしい。散歩しているうちに暗くなった。小さな神社があったので寄ってみた。由緒書きが面白い。曰く。------------------------------------------------------------------------   大 鷲 神 社 当社は出世大鷲神社と称し、御神体は剥製の大鷲です。 この地は天沼本村と呼ばれた農村地帯で、主...

十二支の来た道

左:中国 洛陽(2003.12.02)右:韓国 慶州(2005.12.10)十二支は日本、中国、韓国だけでなくインドやタイ、ベトナムにもある。西洋には星座がある。月の満ち欠けは1年に12回あるのだから1年を12の月に分ける暦が世界共通なのは当然だ。 参考:西洋にも 干支 のようなものはあるのですか?(Yahoo!知恵袋) ※ ※ ※ ※ ※十二支は戦国時代に作られた陰陽五行説よりもはるかに古い起源をもつ。バビロニアの十二宮が起源だと...

珍敷塚古墳の太陽の船

前回、エジプトの暦デカンについて触れた。難しくてわからないけれど、便利な暦法は周辺に伝わっただろう。馬車が発明される前、陸を移動するより海上を移動するほうが容易かった。ダブルカヌーがあれば、家族が家具を持って移動できる。実際3万年以上前、高原山遺跡の日本人は外洋交易を行っていた。 →古代日本人の航海術  記紀にみえる帆船 ※ ※ ※ ※ ※何が言いたいかというと珍敷塚古墳。エジプトにそっくりな壁画がある...

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR