Entries

弥生時代の人口(1)

卑弥呼がいた邪馬台国の時代の日本列島の総人口は、小山修三氏が遺跡分布から推計した60万人が一般的です。http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1150.html魏志倭人伝には邪馬台国は七万余戸(約35万人)とあります。http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun1-gisi.htm畿内説者の場合、九州から畿内にかけて35万人、日本列島全体で60〜100万人という人が多いです。(卑弥呼の時代は弥生時代末期だから60万より多い...

弥生時代の人口(2)

現在の中国と日本の人口比が約10:1だというのは知っていました。ある時、18世紀の中国と日本の人口比も約10:1なのに気がつきました。それで他の時期についても調べると8世紀は約7.6:1でした。だったら2世紀も10:1ぐらい、と考えていいのではないでしょうか。2世紀の中国は約6000万人ですから、日本は約600万人が妥当です。http://www.geocities.jp/cato1963/jinkou996.html朝鮮半島の人口はどうだったでしょう。日本列...

土井ヶ浜遺跡にいた人々 1

【拉致問題】後漢書鮮卑伝 2 で『山海経』の「蓋国在鉅燕南倭北倭属燕」を「蓋は燕の南、倭の北にある。燕に属す」と訳した。一般には「蓋国は鉅燕の南、倭の北にあり。 倭は燕に属す」とされている。それでmiwayama1101氏から以下の指摘をいただいた。>土井ヶ浜遺跡で発掘された人骨は、2600~2200年前春秋戦国時代のもので、同時代頃の山東省の臨○(りんし)発掘人骨と類似性が高いそうですひょっとしたら”その南の倭”は山東半島(...

土井ヶ浜遺跡にいた人々 2

一般に土井ヶ浜遺跡の人々は山東半島からの渡来人ではないかと言われている。■土井ヶ浜遺跡 人類学ミュージアムhttp://www.doigahama.jp/index.html>……周代の末の戦国時代から、蓁・前漢時代の人骨…(中略)…これらの人骨群は、北部九州・山口の弥生人にそっくりでした。この事実から、「北部九州・山口タイプ」の弥生人のおおもと(ルーツ)が大陸にあるということはほぼ間違いないと思われます。…(中略)…直接渡って来たのかという...

土井ヶ浜遺跡にいた人々 3

つづき本が出版された1994年、山東省で土井ヶ浜遺跡と似た骨が発掘された。博物館では1994年から2001年にかけて中国から延べ25人の学者を招いて何度もシンポジウムを開いている。参考: 土井ヶ浜シンポジウム記録   http://www.doigahama.jp/sub/html/main_kiroku_02.html「弥生人」を中国史に位置づける(リンク切れ)http://www.asahi-net.or.jp/~CY1N-STU/kodaishi/yayoi.htm最後の部分を引用。> 一九九四年一月二六日ニュ...

土井ヶ浜遺跡にいた人々 4

つづき土井ヶ浜遺跡についてなかなかまとまらない。理由のひとつは土井ヶ浜遺跡人類学ミュージアムの意見がはっきりしないことだ。土井ヶ浜遺跡人類学ミュージアムサイトのトップに「日本人のルーツについての情報を展示・発信している わが国で唯一の人類学専門の博物館」と書き、シンポジウムに中国から述べ27名の学者を招いたにもかからわず弥生人のルーツは「どこから直接渡って来たのかという問題はまだ未解決」という。サイ...

徐福は日本に来ていない

自民党が移民の大量受け入れを本格的に検討しているという日本文化崩壊を危ぶむ声に対して識者は「古代日本も移民を受け入れて来た」というウソだ日本語に中国語・韓国語の影響がないのが証拠だ縄文時代も弥生時代も日本は豊かで人口も多かった奈良時代に700万の人口に達するのに中韓からの移民は必要なかった →弥生時代の人口(1) →帰化人 1 →たくさんの渡来人はありえない(日本語から) →少子化対策に移民日本の学者は都合...

甕棺の系譜

金隈遺跡展示館 2006.03.04撮影九州北部では豪族から庶民にいたるまで甕棺が使われていた。1万基を越える甕棺墓があるという。甕棺墓に混じってわずかに木棺墓や石棺墓がある。同様に九州南部の遺跡にはわずかに甕棺墓が混じる。九州北部と九州南部に婚姻を含む交流があったからであろう。さて、倭人伝には伊都国は帯方郡からの郡使の駐在所だとある。邪馬台国にとっての表玄関ともいえる港をもつ伊都国は甕棺文化圏の中心にある...

甕棺の系譜2

甕棺は北部九州の風習だ。そして甕棺は北部九州に限らず世界中にある風習だ。東南アジアやインド南部の甕棺も有名だがトルコやイギリスにもある。 左:ベトナム(ホイアン)サーフィン博物館右:トルコ アンタルヤ博物館 左右:イギリス ロンドン博物館 ※ ※ ※ ※ ※特に興味深いのが台湾だ。台湾は九州とほぼ同じ面積であり、台湾の北部にだけ甕棺がある。日本が北部九州にだけあるのと同様で興味深い。その台湾にはたくさん...

弥生時代の人口(3)学会について

通りすがりさんから大変示唆に富んだコメントをいただきました。コメント欄だけではもったいないのでコメントアドレスとともにここに返信させていただきます。コメントアドレス http://zaru3386.blog.fc2.com/blog-entry-6.html#comment102 以下返信 ご紹介のサイトは弊ブログ「縄文の住居と人口」でも取り上げています。 http://zaru3386.blog.fc2.com/blog-entry-342.html 縄文の住居について今は若干考えが違いますが...

Appendix

プロフィール

ざる

Author:ざる
ganko*k8.dion.ne.jp(*→@)
リンク・引用:フリー(連絡不要)
書籍やネットからの引用文は
緑色にしています。

アップ後1ヶ月以上経った記事の変更は追記にしますが、アップ後数日の記事はことわりなく修正する事が多いです。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR